コラム

中国の「精神的日本人」は軍事オタクにあらず(李小牧)

2018年04月03日(火)15時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/李小牧(作家・歌舞伎町案内人)
中国の「精神的日本人」は軍事オタクにあらず(李小牧)

(c) 2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<王毅外相が激怒した「精神的日本人(精日)」の若者たちが本当に表現したかったのは、中国政府に対する不満>

「中国人的敗類(中国人のくず)!」

かつて駐日大使も務めた中国の王毅(ワン・イー)外相が3月上旬、記者に向かって吐き捨てた。念のため言うが、「中国人のくず!」は私ではない(笑)。

普段は冷静な彼が怒りを爆発させた相手は、「精神的日本人(精日)」と呼ばれる中国人だ。「精日」が一気に注目を集めたのは18年2月。中国人の20代の若者2人が旧日本軍の軍服を着て、南京市内の日中戦争の遺跡の前で記念撮影した写真がネットにアップされ、大騒ぎになったのだ。

「精日」とは、「精神的に自分たちを日本人と同一視する人々」のこと。中国人や台湾人には以前から、日本のファッションや文化に憧れる「哈日(ハーリー)」と呼ばれる人たちがいた。決定的な違いは、「精日」が日本を崇拝すると同時に祖国や同胞を徹底的に敵視、軽蔑する姿勢にある。

「精日」は中国を軽蔑しているから、中国人が最も嫌がることをする。日本軍のコスプレだけでなく、メッセンジャーアプリのテンセントQQには、堂々と「天皇に忠誠を誓う」「大東亜共栄」と掲げるグループがあった。

そもそもこういった若者は、中国の愛国主義教育に首までつかって育った世代のはずだ。彼らが日本軍の軍服まで着て抗議の意思を示すのは、それだけ今の祖国に不満があるから。行き過ぎた貧富の格差やとどまるところを知らない役人の汚職に対する怒りが、ねじれて「天皇」「大東亜共栄」への賛美に向かっているのだ。「精日」は、形を変えた反政府運動と言っていい。

王毅がもし「精日」を一部の軍事オタク現象だと思っているなら、大きな間違いだ。彼らは氷山の一角にすぎない。嘘だと思うなら、日本に旅行した中国人に聞いてみるといい。彼らは口をそろえて、日本の清潔さや日本人の礼儀正しさ、ルールを守る態度を礼賛する。日本に来てようやく祖国の欠点に気付いた彼らも、「精日」にほかならない。

今年で来日30年になる私ももちろん「精日」だ。「くず!」と罵るだけでは問題は深刻化するだけだと、先日さらにエラくなった王外相に進言しておく。

【ポイント】
王毅

中国の外相。文化大革命後に北京の大学で日本語を学び、04〜07年に駐日大使。18年3月、外相兼任で副首相級の国務委員に昇格

テンセントQQ
中国の大手IT企業テンセント(騰訊)が無償提供するインスタントメッセンジャーアプリ。SNS機能もある

本誌2018年4月10日号掲載

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米地裁判事、ゴーン被告逃亡協力者の早期保釈請求を却

ビジネス

アングル:テスラ株がS&P500採用目前、さらに膨

ワールド

米国の新規感染者、9日は少なくとも6万0565人 

ワールド

バイデン氏、米大統領に選出ならドイツ駐留米軍削減見

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!