コラム

中国の「精神的日本人」は軍事オタクにあらず(李小牧)

2018年04月03日(火)15時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/李小牧(作家・歌舞伎町案内人)
中国の「精神的日本人」は軍事オタクにあらず(李小牧)

(c) 2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<王毅外相が激怒した「精神的日本人(精日)」の若者たちが本当に表現したかったのは、中国政府に対する不満>

「中国人的敗類(中国人のくず)!」

かつて駐日大使も務めた中国の王毅(ワン・イー)外相が3月上旬、記者に向かって吐き捨てた。念のため言うが、「中国人のくず!」は私ではない(笑)。

普段は冷静な彼が怒りを爆発させた相手は、「精神的日本人(精日)」と呼ばれる中国人だ。「精日」が一気に注目を集めたのは18年2月。中国人の20代の若者2人が旧日本軍の軍服を着て、南京市内の日中戦争の遺跡の前で記念撮影した写真がネットにアップされ、大騒ぎになったのだ。

「精日」とは、「精神的に自分たちを日本人と同一視する人々」のこと。中国人や台湾人には以前から、日本のファッションや文化に憧れる「哈日(ハーリー)」と呼ばれる人たちがいた。決定的な違いは、「精日」が日本を崇拝すると同時に祖国や同胞を徹底的に敵視、軽蔑する姿勢にある。

「精日」は中国を軽蔑しているから、中国人が最も嫌がることをする。日本軍のコスプレだけでなく、メッセンジャーアプリのテンセントQQには、堂々と「天皇に忠誠を誓う」「大東亜共栄」と掲げるグループがあった。

そもそもこういった若者は、中国の愛国主義教育に首までつかって育った世代のはずだ。彼らが日本軍の軍服まで着て抗議の意思を示すのは、それだけ今の祖国に不満があるから。行き過ぎた貧富の格差やとどまるところを知らない役人の汚職に対する怒りが、ねじれて「天皇」「大東亜共栄」への賛美に向かっているのだ。「精日」は、形を変えた反政府運動と言っていい。

王毅がもし「精日」を一部の軍事オタク現象だと思っているなら、大きな間違いだ。彼らは氷山の一角にすぎない。嘘だと思うなら、日本に旅行した中国人に聞いてみるといい。彼らは口をそろえて、日本の清潔さや日本人の礼儀正しさ、ルールを守る態度を礼賛する。日本に来てようやく祖国の欠点に気付いた彼らも、「精日」にほかならない。

今年で来日30年になる私ももちろん「精日」だ。「くず!」と罵るだけでは問題は深刻化するだけだと、先日さらにエラくなった王外相に進言しておく。

【ポイント】
王毅

中国の外相。文化大革命後に北京の大学で日本語を学び、04〜07年に駐日大使。18年3月、外相兼任で副首相級の国務委員に昇格

テンセントQQ
中国の大手IT企業テンセント(騰訊)が無償提供するインスタントメッセンジャーアプリ。SNS機能もある

本誌2018年4月10日号掲載

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米上院トップ、民主・共和の「パワーシェアリング」に

ワールド

トランプ米大統領、スティーブ・バノン元首席戦略官を

ビジネス

韓国の起亜、複数企業とのEV提携を見直し アップル

ビジネス

アリババの馬雲氏、教師向けビデオに登場 10月以来

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!