コラム

ホームレスの猫たちに惚れ込んで... カザフスタンの旧市街にて

2019年04月19日(金)11時30分

そこには、彼女自身が本能的に持っているであろう構図へのセンス――パーフェクトになる手前でわざとドレスダウンした着こなしのような魅力が光っている。それがカザフスタンの首都アスタナの旧市街の街並みや、街の雰囲気と重なり合って不可思議で落ち着いたメランコリーな感じを漂わせている。

実のところ、こうした詩的な感覚こそがゴーアの最大の持ち味だ。結果として、見る者を彼女の世界に感情移入させてしまうのである。そしてそれは、彼女自身が密かに掲げている裏のアジェンダにまで目を向けさせるかもしれない。ホームレスの動物に自らを投影し、彼らの身の上を考えたりするのだ。それにより動物たちの境遇が変わっていくことを願っているという。

ちなみに、ゴーアの作品の中に流れる「メランコリー性」は、彼女によれば意図的なものではない。ある種、本能的な感覚であり、結果としてそうなっただけだという。

今後は動物だけでなく、人間の撮影も増やしていくつもりらしい。自分の写真世界をフレームの中には入れたくない、固定したくない、とゴーアは語る。自分が愛し、自分をエキサイトさせてくれるもの、興味を与えてくれるものも含めて、それらと写真を通して話したい――つまり、表現したいのだという。

それが、ゴーアが自身を取り巻くさまざまな世界と付き合っていく方法だ。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Evgeniya Gor @gykavka

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!