コラム

「普通の女性」たち

2018年12月27日(木)11時45分
「普通の女性」たち

From Anya Miroshnichenko @anyamiro

<主題は摂食障害。ロシアのアニャ・ミロシュニチェンコはなぜ、異様で、グロテスクとも言える世界を作るのか>

古今東西、多くの優れた写真やアート作品には、その作家のアイデンティティや所属、すなわち属性が深く絡みついてきた。それが時として、作品そのものを超える普遍的な価値を生み出すことさえある。

今回取り上げるInstagramフォトグラファーも、そんな才能の片鱗を持つ1人だ。アニャ・ミロシュニチェンコ、36歳のロシア人である。

テーマは、彼女自身がその障害を抱える神経性過食症だ(ブリミアとも呼ばれる)。あるいは、それと対をなす拒食症である。

この2つは実質上、同等のものだ。精神分析医の故ヒルデ・ブルックが言うように、「食欲の病気ではなく、人からどう見られるのかという自尊心の病理」だからだ。一般に――とりわけ女性に顕著だが――スリムでありたいという願望から、いや正確には、スリムでない女性は魅力がない、幸せになれないという強迫観念から来ている。

ミロシュニチェンコ自身、子供の頃から母親を通してそうした概念に接してきた。育った家庭は、美と若さを保とうとする母親の強迫観念を追求するシンボルであふれていたという。数え切れないほどの香水ボトル、化粧品、ドレス、下着、マッサージ器、脂肪燃焼器具......。彼女の母は整形もしていた。

成長してからも、メディアが奏でるハッピーな女性のイメージは、ほぼ常にスリムな女性と決まっていた。そうしていつの間にか、ミロシュニチェンコ自身も、そうでなければ幸せになれないという強迫観念に取り憑かれてしまったのである。

それが彼女を摂食障害にし、過食に走らせた。食べ、一定のラインを超えると今度は、自らの手や歯ブラシを口の中に突っ込み、胃の中の物を吐き出す。その繰り返しだった。今も完治していない。

セルフポートレートも含む作品の多くは、どこか異様な、時にグロテスクとも言える観念の世界だ。包帯で巻いた女性の顔の隙間から、生肉が覗いているように見えるポートレート(上写真)。あるいは、「切断」された顔。

ミロシュニチェンコの「普通の女性」シリーズには、何かに対する恐怖で口を開けたヌードや悪魔の仮面を被ったものもある。「普通」どころか、確実に何かに取り憑かれ、その匂いが見る者にまで飛び火してくるような世界だ。

もちろん、そうした写真を通して彼女が伝えたいのは、女性はスリムでなければ美しくない、幸せになれない、という通俗社会概念への反論だ。自らの身体をドレスのようにチェンジしようとする女たちへの、社会への警告だ。意図的に被写体の女性を不気味にして撮影しているのもそのためである。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 7

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!