コラム

「普通の女性」たち

2018年12月27日(木)11時45分
「普通の女性」たち

From Anya Miroshnichenko @anyamiro

<主題は摂食障害。ロシアのアニャ・ミロシュニチェンコはなぜ、異様で、グロテスクとも言える世界を作るのか>

古今東西、多くの優れた写真やアート作品には、その作家のアイデンティティや所属、すなわち属性が深く絡みついてきた。それが時として、作品そのものを超える普遍的な価値を生み出すことさえある。

今回取り上げるInstagramフォトグラファーも、そんな才能の片鱗を持つ1人だ。アニャ・ミロシュニチェンコ、36歳のロシア人である。

テーマは、彼女自身がその障害を抱える神経性過食症だ(ブリミアとも呼ばれる)。あるいは、それと対をなす拒食症である。

この2つは実質上、同等のものだ。精神分析医の故ヒルデ・ブルックが言うように、「食欲の病気ではなく、人からどう見られるのかという自尊心の病理」だからだ。一般に――とりわけ女性に顕著だが――スリムでありたいという願望から、いや正確には、スリムでない女性は魅力がない、幸せになれないという強迫観念から来ている。

ミロシュニチェンコ自身、子供の頃から母親を通してそうした概念に接してきた。育った家庭は、美と若さを保とうとする母親の強迫観念を追求するシンボルであふれていたという。数え切れないほどの香水ボトル、化粧品、ドレス、下着、マッサージ器、脂肪燃焼器具......。彼女の母は整形もしていた。

成長してからも、メディアが奏でるハッピーな女性のイメージは、ほぼ常にスリムな女性と決まっていた。そうしていつの間にか、ミロシュニチェンコ自身も、そうでなければ幸せになれないという強迫観念に取り憑かれてしまったのである。

それが彼女を摂食障害にし、過食に走らせた。食べ、一定のラインを超えると今度は、自らの手や歯ブラシを口の中に突っ込み、胃の中の物を吐き出す。その繰り返しだった。今も完治していない。

セルフポートレートも含む作品の多くは、どこか異様な、時にグロテスクとも言える観念の世界だ。包帯で巻いた女性の顔の隙間から、生肉が覗いているように見えるポートレート(上写真)。あるいは、「切断」された顔。

ミロシュニチェンコの「普通の女性」シリーズには、何かに対する恐怖で口を開けたヌードや悪魔の仮面を被ったものもある。「普通」どころか、確実に何かに取り憑かれ、その匂いが見る者にまで飛び火してくるような世界だ。

もちろん、そうした写真を通して彼女が伝えたいのは、女性はスリムでなければ美しくない、幸せになれない、という通俗社会概念への反論だ。自らの身体をドレスのようにチェンジしようとする女たちへの、社会への警告だ。意図的に被写体の女性を不気味にして撮影しているのもそのためである。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!