コラム

離婚と、リストラの不安──ベテラン写真家が自身を投影した作品

2018年10月24日(水)16時00分
離婚と、リストラの不安──ベテラン写真家が自身を投影した作品

From Aristide Economopoulos @aeconomopoulos

<受賞歴もあるアリスティード・エコノモプロスが、自身のサイト以外では発表したことのなかったパーソナルな作品。微妙な距離感が作品に漂っている>

今回紹介する写真家は、ニューヨークの近郊、ニュージャージ州のジャージーシティに住むアリスティード・エコノモプロスだ。同州のスター・レジャー紙のベテラン・スタッフフォトグラファー、47歳である。

すでに20代、30代前半から名を馳せていた。アメリカのロデオを白黒写真で切り取ったストーリーはワールド・プレス・フォト(世界報道写真コンテスト)のスポーツ部門に入賞し、また、2001年の9.11の フォトエッセイも大きなインパクトをアメリカ国内外の写真界に与えた。

だが、そうした栄光よりも、エコノモプロスが現在撮っているパーソナルな作品のほうがより重みがあるかもしれない。なぜなら、そうした作品は、彼自身のメタファーであり、またセラピーになっているからだ。

4~5年ほど前から本格的に撮り出し、自身のサイト以外では実質上発表したことがないという、ニューヨークの有名なビーチをモチーフとしたコニーアイランド・シリーズ、および2001年の11月から撮るようになったというキューバ・シリーズはその典型だろう。

彼のパーソナルな作品の多くは、華やかな色彩、黄色や赤のトーンでしばしば構成されている。だがハイコントラストな、あるいは色の押し付けがましさを感じさせるようなキツイ調子ではない。多くの写真が夕暮れ時の非常に柔らかい光を選んで撮影されているためだ。あるいは、絶妙な日中のシンクロのフラッシュ撮影で。そのため見る者は、しばしば写真のイメージの中に紛れ込んでしまうかのような錯覚さえ覚える。

そうした溶け込むような感覚は、エコノモプロスが親密性とエモーション、とりわけソフト・エモーションを大切な要素としているからでもある。構図はあまり気にかけないという。人間性とそれが織りなす瞬間、瞬間を感じ取りたいと。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米、中国と通商協議継続=トランプ大統領

ビジネス

利下げ効果見極めを、経済リスク下向き=ブレイナード

ワールド

北朝鮮、非核化協議の窓口開かれている=ビーガン米特

ワールド

米中の「第1段階」通商合意、来年にずれ込みも=関係

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!