コラム

優秀な人を集めるだけでは成功しない理由/devise(考案する)

2018年03月30日(金)11時00分

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Forget the pecking order at work
https://www.ted.com/talks/margaret_heffernan_why_it_s_time_to...

登壇者:マーガレット・へファナン

このTEDトークでは、5つの企業のCEOを務めた経験を持つマーガレット・へファナン氏が登壇し、チームが良い成果を出すために必要な要素について語っている。

トークの冒頭部分で彼女は、ある進化生物学者の実験について言及する。その実験は、鶏にもっと多くの卵を生ませることを目的としたものであった。実験では最も多くの卵を生む鶏を集めたのだが、結果なんとその集められた鶏たちは互いに攻撃し合って、ほとんどが死んでしまったという。

へファナン氏はそれに関して、現代の組織の多くも実はそのようなものではないかと述べている。スーパースターを一生懸命選ぼうとしても、それが成功に直結することは保証されていない。

そうすると、成功へと導いてくれるものとは一体何なのだろうか? へファナン氏が言及するある研究によれば、成功するチームには3つの共通する要素があるという。メンバーの共感力が高いこと、ディスカッションのときに皆が等しく発言すること、そして女性メンバーが多いことだ。

それに基いてへファナン氏が強調しているのは、チームメンバーが互いに良い人間関係を持つことの大切さ。それを裏付ける具体例が、このトークで多く紹介されているのが印象的だ。自分が属しているチームのパフォーマンスを上げたい人にとっては参考になる内容となっている。

キーフレーズ解説

devise
考案する
(動画0:25より)

deviseという動詞は、複雑なシステムや手続き、メカニズムや方法を深く考慮に入れたうえで計画する、または発明するというニュアンスを持ちます。

そのため、最も近い和訳は日本語の「考案する」に該当します。今回のTEDトークでへファナン氏は、進化生物学者がdeviseした実験を紹介します。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The engineer is devising a more efficient water filtration system.
(技術者はより効率のいい水のろ過装置を考案しようとしています)

●The mediator is trying to devise a compromise between the groups that are in direct opposition to each other.
(その仲介者は真っ向から対立しているグループ間の妥協点を考え出そうとしています)

●The teacher devised a way to grade the tests in half the usual time.
(その先生はいつもの時間の半分でテスト採点を終わらせる方法を考案しました)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、リスク選好度低下で安全買い

ビジネス

ECB、レバレッジ比率の緩和措置を9カ月延長 22

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

ビジネス

FRB、最低23年末までゼロ金利維持を=ミネアポリ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中