コラム

バイデン機密文書問題をめぐる民主党の不気味な沈黙

2023年01月18日(水)14時30分

米記者団からは首脳会談そっちのけで機密文書問題への質問が飛んだ Jonathan Ernst-REUTERS

<問題は2024年大統領選への出馬方針にかかわるだけに、バイデンは「だんまり」を決め込んでいる>

岸田首相が西側歴訪外交の最後に、ワシントンでバイデン大統領との会談を行いました。年初の1月13日のことですが、この際には晩餐会や正式な共同記者会見は行われませんでした。日本サイドは要求したようですが、ホワイトハウスの側は「とてもできる状態ではなかった」のです。

日本ではあまり大きく報じられていませんが、バイデン大統領はオバマ政権の副大統領だった時期に入手した機密文書を、自宅事務所などに違法に保持していたというスキャンダルが1月9日に突如暴露されています。ホワイトハウスは、この問題をめぐって大揺れに揺れています。日米首脳が共同会見をしても、アメリカ側の記者は「この問題しか聞こうとせず」日米関係に関する会見は成立しないのは明らかであり、見送りは正しい判断でした。

事件の概要としては、現時点では「機密」というスタンプの押された文書が数ページ単位で数回発見されたというもので、軽微なものと考えられます。トランプ前大統領が退任後に機密文書を大量に持ち出した疑惑と比較すると、悪質性ということでは100分の1にもならないでしょう。ですが、現職の大統領としては明らかに失点ですし、何よりもこれでバイデン大統領と民主党は、トランプの「犯罪」を非難することが難しくなりました。

この「事件」を受けて共和党は活気づいています。何しろ下院はまがりなりにも共和党が多数ですので、大統領に対する国政調査権を発動して政権を揺さぶるための格好の材料が出てきたからです。一方で、司法省の方はガーランド長官が早速「特別検察官」を任命するという、言葉は悪いですが「バカ正直」な対応をしており、これによって中立機関による大統領に対する捜査が公式に始まりました。

再選出馬の意欲はトーンダウン

この問題をめぐって、民主党サイドには不気味な沈黙が流れています。

まず、バイデン大統領ですが9日に事件が発覚し、直後の10日に「自分は驚いている」と述べた以降は完全にダンマリを決め込んでいます。13日の日米首脳会談で、ホワイトハウスの執務室内で簡単な会見があった際にも、岸田氏を差し置いてアメリカの記者たちはこの問題の質問を浴びせましたが、大統領は何も答えませんでした。

以降は、この問題については何を聞いてもダンマリという姿勢です。理由としては、「事実関係を調査中」であるとか「私邸を探られたという陰謀めいた暴露に怒っている」という可能性もありますが、何よりもこの問題が「自分の進退」に結びつくからだと考えられます。

進退というのは、大統領が2024年の選挙に出馬するかどうかです。この点に関しては、2021年の前半には「もちろん出馬する」と言い続けていました。それが中間選挙のあった秋になると「家族と相談して決める」という言い方にトーンダウンしています。出馬表明は、遅くとも3月までには行わないと不自然ですが、現在大統領は一切語ろうとせず、そのまま出馬問題に関する「ダンマリ」が機密文書スキャンダルについての「ダンマリ」と重なる形になっています。

その「家族との相談」というのはジル夫人とじっくり検討するということだと思います。高齢の大統領に対して9歳下のジル夫人は「支える役」だと思われてきました。ところが年末年始にはそのジル夫人の健康問題も報じられており、快方に向かっているということですが、これも疑心暗鬼を呼んでいます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ小反発、エヌビディアは引

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMC議事要旨受け

ビジネス

FRB内のバランスシート縮小巡る議論、3月FOMC

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story