コラム

窮地のクオモNY州知事、高齢者施設に患者を戻した判断が生んだ「3つの誤算」

2021年02月16日(火)15時00分

昨年春のコロナ第1波でのクオモ知事の対応は国内外から称賛された Hans Pennink/Pool/REUTERS

<高齢者施設でのコロナ死亡者数を少なく報告していたことについては、同情すべき点もあるが......>

2020年春の新型コロナウイルスの感染爆発では、毎日昼に定例会見を行って情報公開に努めていたニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事のマネジメントは国内外から称賛されていました。私もこの時期は、毎日リアルタイムで会見を見ては新型コロナに対する政策論議における参考にしていたのは事実です。

ところが、そのクオモ知事が政治的な窮地に立たされています。その原因は、州内の高齢者向けの長期入所型福祉施設、つまり老人ホームなどでの新型コロナ死亡者数に関して、過少に発表していたという問題です。

具体的な数字ですが、ニューヨーク・タイムズ紙などによる最新報道では、こうした施設入所者における新型コロナの死亡者数は1万5000を超えているにもかかわらず、1月末の段階では8500しか報告していなかったとされています。つまり、高齢者向けの施設入居者におけるコロナ死亡者数のうち「施設外」つまり病院などにおける死亡者数を「施設入居者における死亡者数」にカウントしていなかったというのです。

ちなみに、ニューヨーク州全体の新型コロナ死亡者数(現時点で「疑い死」を含めて約4万1000)については、カウント漏れはないとされています。ですから、全体の数を過少に報告して死亡者数を隠蔽したということではありません。

知事が想定した「最悪のシナリオ」

では、どうしてこの問題が知事にとって、政治的なダメージになっているのかというと、2020年3月25日の段階で、クオモ知事はある重要な決定をしたからです。それは「施設入居者で新型コロナ感染者が出た場合は、病院に搬送しないで施設での療養とする」というものです。

その理由はシンプルでした。当時は爆発的な勢いで新型コロナの患者が増加している時期でした。そこで、クオモ知事は専門家チームの意見などを踏まえて、「最悪のシナリオ」を設定し、そのシナリオに基づいて新型コロナ専用病床と人工呼吸器の準備をするべく奔走したのでした。

例えば、ニューヨーク市では軍の支援を受けて見本市会場を数日で臨時の病棟に改造したり、軍の病院船の来航を要請したりしたのですが、それはこの「最悪のシナリオ」を前提としていました。人工呼吸器については、知事は毎日のようにトランプ大統領(当時)などに要請を続けて数の確保に必死になっていたのでした。

そんななかで、知事としては「施設にはベッドがあるし、医療対応もできる」のであって、そうした人は施設に戻ってもらって、少しでもコロナ病床を空けておきたいという判断をしたのです。当時のリアルタイムでの発表によれば、高齢者を犠牲にして、壮年の患者を救うといった「トリアージ(命の選択)」という意識はなかったはずです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請41.1万件、予想ほど改善せず 求職

ビジネス

米物価、予想超えて上昇も 「新たなリスク」に直面=

ビジネス

バイデン氏、インフラ投資計画で合意 超党派議員らと

ビジネス

インフレ率予想に「上振れリスク」あり=ダラス連銀総

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクスルー

  • 2

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中