コラム

実現遠のくトランプ弾劾、「トランプ票」を敵に回したくない共和党議員たち

2021年01月28日(木)19時45分

共和党としては現時点では「腰砕け」という格好です。トランプの行動が「反乱の扇動」であったかという判断から逃げて、とりあえず民主党を勢い付かせる弾劾を阻止すれば、トランプ票からは憎まれないだろうという姑息な計算がそこには見え隠れします。

いや、見え隠れなどというものではありません。今回の決議を主導したランド・ポール議員や、マルコ・ルビオ議員などは2022年改選組ですから、もう1年と9カ月で改選を迎えます。その際に、議員の座を守るにはトランプ票を敵に回すことは出来ない、そんな思い詰めた姿勢が感じられます。

反対に、2024年の改選組、2026年の改選組はそこまで深刻ではないにしても、2年ごとに全員改選となる下院議員選挙も、やはり1年9カ月先に迫っているなかでは、共和党としてトランプ票を抱え込まなくては勝てないという悲壮感は全体に広がっているようです。もちろん、トランプを弾劾できれば政治的に葬ることはできますが、それでもトランプ派の有権者に怨念を残せば「しっぺ返し」を食らうかもしれない、そんな感覚です。

では、これでトランプは政治的に延命し、それこそ独自のテレビ局などを設立して言いたい放題を続けて、2022年の中間選挙では闇将軍として暗躍するのかというと、まだまだ分かりません。

共和党の「違憲」主張がブーメランに?

今回の弾劾裁判にしても、現在進行中のFBIなどによる、議事堂乱入事件の取り調べなどで「新たな証拠」が出ないとも限りません。また、民主党が上院をコントロールしていることで、民主党主導による証人の宣誓証言なども可能性があります。そうなると爆弾証言が飛び出すとか、ついでにトランプの脱税や権力の濫用などさまざまな容疑についての証言も取れるかもしれません。

そんな中で、共和党の穏健派の上院議員の中には、中道票の離反が怖くなって弾劾に前向きになる部分も出てくる可能性がないとは言えません。

仮に2月の時点でトランプ弾劾不成立となったとしても、各州の検察はトランプとその周辺に関する様々な罪状に関する捜査を開始すると思います。その場合に、今回、共和党が強く主張した「退任した大統領はタダの人だから弾劾裁判で裁くのは違憲」というロジックが、「タダの人なら違法行為は全て罰せられるべき」という論理となってブーメラン化するかもしれないのです。

20221206issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年12月6日号(11月29日発売)は「台湾半導体 王国に迫るリスク」特集。急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国の野心から台湾を守るこの「シリコンの盾」に黄信号が灯る――


プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

ワールド

アングル:ハッカーの標的にされた豪、データ漏えいに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 9

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 10

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中