コラム

実現遠のくトランプ弾劾、「トランプ票」を敵に回したくない共和党議員たち

2021年01月28日(木)19時45分

トランプはこれから闇将軍として暗躍するのか Leah Millis-REUTERS

<議会上院の弾劾裁判で共和党議員から17人の造反者が出る可能性は非常に低い>

1月6日に発生した連邦議会議事堂乱入事件を受けて、暴力行為を扇動したトランプ前大統領に対しては、時間をおかずに「弾劾」の手続きが開始されました。弾劾の理由は「反乱の扇動」という一言で、この事件に関する重い責任を示すものです。下院では1月13日に採決が行われて賛成232(民主222、共和10)、反対197(全て共和)で可決されました。

法的には、この下院による弾劾案可決のことを、「インピーチメント」と呼びます。トランプは、合衆国史上初めて「2回インピーチされた」大統領となりました。この時点では、任期が残すところ7日しかないために、弾劾案の上院送付と、上院での審議開始は1月20日のバイデン就任後に行うことになりました。

この段階では、大統領であった時点での重大犯罪に関しては、大統領を退任した後でも弾劾の対象にできるという前提で議論が進んでいました。その場合は、大統領を罷免するのが目的ではなく、あくまで大統領としての犯罪を認定し、その上で、付帯決議を行って公職への再立候補禁止、大統領年金の支給停止の措置を行うのが目的だとされていました。

上院では、とりあえずバイデン政権の閣僚の承認手続きを進めることを優先するとして与野党合意が出来ており、トランプの弾劾裁判については2月8日から審理に入るとしていました。つまり、上院議員100名の全員を陪審員として行う正規の弾劾裁判です。弾劾には3分の2、つまり67票が必要ですから、50対50の現在の勢力分野からすると、共和党から17名の賛成が必要です。

政争に巻き込まれるのを避けたい最高裁

ところが1月26日になって、正式な弾劾裁判に進む前の段階で、ケンタッキー州選出のランド・ポール上院議員(共和)の提案で、「退任後の大統領への弾劾裁判は違憲である」という決議が出されました。確かにこの問題については、数日前から妙な展開になっていました。

というのは、大統領の弾劾裁判というのは最高裁長官が裁判長になるという規程が憲法に定められているのですが、今回の裁判についてはロバーツ最高裁長官は、参加を拒否しています。長官は理由を明らかにしていませんが、憲法の条文をそのまま読めば、在任中の大統領に対する弾劾裁判では最高裁長官が裁判長をするとあるだけですから、退任後の場合は確かに長官として裁判長になる義務はないわけです。

憶測としては、最高裁としては出来るだけ政争に巻き込まれるのは避けることが、中長期的な最高裁の権威を維持するためには上策と考えたということではないかと思われます。この最高裁の動きが、ポール議員の「今回の弾劾は違憲」という決議に、ある種の追い風になった感じもあります。

その決議ですが、結果的には否決されました。つまり上院としては「今回の弾劾は合憲」ということで、粛々と2月の裁判へ進むということになるわけですが、問題は票決の数字です。賛成は45で、反対は55でした。つまり共和党の造反は5名にとどまったのです。これでは、可決に必要な67の賛成、つまり造反17というのには、全く届いていないことになります。さらに決議の内容が「弾劾裁判は違憲」ということですから、賛成した45名は、弾劾裁判で賛成に回る可能性は非常に低いわけです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、ロシアに大規模追加制裁 500超の団体・個人 

ワールド

中国国家主席、経済政策会合主宰 製造業支援を協議

ビジネス

中国、外資誘致へビジネス環境最適化へ=国営メディア

ビジネス

中国証券当局、信頼回復へ不正に厳罰 トップ交代後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story