コラム

訪日外国人4000万人へのハードルとは

2018年02月08日(木)17時00分
訪日外国人4000万人へのハードルとは

東京の地下鉄網は外国人観光客にはまるで迷路 prachanart-iStock.

<英語の案内、外国人向けの食事、交通機関の煩雑さ......外国人旅行客4000万人達成の日本政府の目標には越えなければならないハードルがいくつもある>

最新の統計によれば、2017年の訪日外国人の人数は2869万人に達しました。ここ数年、毎年400万人のペースで伸びており、このままで行けば東京オリンピックの開催される2020年には4000万人の大台に乗せるという政府の計画も、現実味を帯びてきました。

ですが、ここから先はそう簡単には行かないと思います。今年18年はおそらく「年間3000万」という状況になるでしょうが、ここから先も順調に伸ばして行くには、様々な壁を乗り越えていかなければならないと思います。現状の勢いを見て楽観しているだけではダメでしょう。

1つは、社会全体でもう一段、英語が通用するように工夫をすることです。もちろん、一気に幅広くというのは難しいですが、少なくとも国際線の機内アナウンスであるとか、空港や駅などの案内放送などは、「分かりやすく、しっかり伝わる」英語で行うようにするべきです。

特に改善を要望したいのは、航空会社の対応です。機内にしても、空港地上職員にしても英語のアナウンスはひどすぎると思います。「英語で誠実に語る気持ちが入っていない」という悪印象になるだけでなく、事故やテロなどの非常事態を想定した場合のコミュニケーション不全をおそれて、英語圏の乗客からエアラインとして忌避される危険もあります。

2つ目は、食の問題です。日本食はクールジャパンだから、訪日外国人4000万という時代になっても「このまま」で良いというのは思い上がりだと思います。私の周囲でも、日本の文化や自然に憧れて旅行に行ったものの、食べられるものがなくて困ったという話はよく聞きます。

具体的には、「ハラル」「コーシャ」「ベジタリアン」「スパイシー」といった食生活の多様性に対応した表示を増やすこと、「日本旅館の懐石料理一辺倒の押し付け」をやめることなどが考えられます。反対にこれだけ訪日外国人というのが大きなマーケットになっているのですから、積極的に外国人に分かりやすいメニューを展開するような店がドンドン出てきても良い時期だと思います。

3つ目は、交通機関の問題です。特に東京を中心とした首都圏の鉄道網は、外国人には大変にハードルが高いままです。駅に番号を振るというような工夫は当たり前ですが、それ以前に乗り換え案内のアナウンスや路線図表示がいつまでたっても改善しません。

各駅ごとにバカ正直に「路線名を羅列して乗り換え案内」のアナウンスを日本語と英語でやるのではなく、もっとメリハリをつけて「〇〇空港にはこの駅で乗り換え」だとか、「快速は対面乗り換え」だとか初心者に分かるような、そして安心させるような重要情報をアナウンスして欲しいと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

ガソリンとディーゼル車の販売禁止、2032年に前倒

ワールド

仏大統領、英国人渡航者用ビザ導入模索の報道を否定

ビジネス

消費者物価、9月は7カ月ぶりに前年比+1.0% プ

ワールド

EU首脳、英離脱合意に自信 国境問題は進展なし

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    「現代の奴隷」世界で4600万人、日本も29万人が奴隷…

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信する…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    米中武力衝突の危険高まる、核使用の可能性も──米論文

  • 10

    拘留の亡命ウイグル族を釈放 マハティール首相、中…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!