コラム

アメリカの入試制度の盲点を突いた不正入学事件

2010年05月21日(金)11時48分

 金融危機以来の財政難に悩むハーバード大学で、また1つ頭の痛い問題が発生しました。大胆な経歴詐称を行った受験生を見抜けずに入学を許可したばかりか、多額の奨学金も支払っていたというので、ニューイングランド地方はもとより、アメリカの東北部ではこの事件が大々的に報じられています。逮捕されたのは、アダム・ウィーラーという23歳の学生で、ウソで塗り固めた願書を使って、ハーバードに転入した後も、様々なウソを重ねて来たのだと言います。

 虚偽内容を含む申請の中には、世界的な権威のある「ローズ奨学金」を獲得して英国に留学しようという願書もあったのですから大胆と言わねばなりません。さて、このウィーラー容疑者、勿論、放校処分になっているのですが、そのハーバードに潜り込んだ手口というのが、実に単純なのです。ウィーラー容疑者は、デラウェア州の公立高校を卒業して、メイン州のボードウィンという中堅大学に行っていたのですが、1年生の途中で、「自分はメイン州の私立高校を卒業してMIT(名門マサチューセッツ工科大学)に入学、MITで1学期にオールAを取った」という資料をデッチ上げてハーバードに転入の願書を出したのでした。

 何とその転入の願書が受理されてしまい、ウィーラー容疑者はハーバードの学生になったのでした。後日の調査によれば、この時の願書で使われた「ウソ」は簡単に見破られるものだったそうです。例えば、MITは入学最初の学期にはABC形式の成績は出しておらず、「秋学期のオールA」などというのはあり得ないそうですし、出願に当たって添付した推薦状は全て捏造で、名前は全てMITではなくボードウィン大学の教授のものをMIT教授だと偽っていたのだそうです。ですが、受理された願書は、そのまま通ってしまったのです。

 ハーバードも全く書類だけで転入を許可するようなことはしておらず、ウィーラー容疑者の転入願書を受け取ると、卒業生を派遣して面接をしています。急な設定だったようで、ウィーラー容疑者はMITに移動することもできず、ボードウィン大学でハーバードの面接を受けたのだそうですが、その際に卒業生の面接官が「キミは、どうしてMITのキャンパスではなく、ボードウィンにいるのか?」と聞いたところ「MITの単位は集中講義で取ってしまったので、知り合いのボードウィンの先生の著書の出版を手伝っているんです」という言い逃れをして、その時はそれでOKになったというのです。

 その後、様々なウソを重ねて行って、最後はこれも転入を申請していたイエール大学が感づいて、自宅の両親に電話がかかってきて全てが明るみに出たのですが、そのウソというのは、奨学金やインターンの申し込みなど様々な出願のたびに大胆になっていったそうです。ニューヨーク・タイムスの記事によれば、ある願書では「自分は語学に堪能で、フランス語と、英語の古語、アルメリア古語、古代ペルシャ語が話せます」とあったそうです。こうなると、プロの詐欺師というよりも、どこか病的なものを感じます。虚言癖と言いますか、あるいは何かエリート校に対するコンプレックスのような心理でもあったのかもしれません。報道でも言われていたのですが、天才詐欺師の孤独を描いたスピルバーグ監督の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を思い浮かべた人も多いようです。

 この事件ですが、ハーバードなどの伝統校は、同じ伝統校のMITとか有名な私立高校
の「ブランド」に弱く、まんまと騙されたという「格差社会」の象徴という言い方もできると思います。ですが、そうした解説は事件の背景説明としては、余り意味がないように思うのです。背景にあるのは激しい競争です。最初に申し上げたように、現在アメリカの各大学は、財政基盤の脆弱化に苦しんでいます。そんな中、各校の焦りは、支払能力のある富裕層の学生集めに走るような形にはなっていないのです。

 そうではなくて、より優秀な学生を集めたい、その必死の思いがあるのです。仮にその学年の合否を決めてしまって、最終入学者が確定したとしても、入試事務室の仕事は終りません。優秀だが他校に行った学生を編入という形で、1人でも多く引っこ抜きたい、それがホンネなのです。勿論、表面は非常に紳士的な世界ですから、表だった引き抜き合戦はありません。ですが、編入願書に対して、その学生が優秀なら是非引っ張りたいという思い、あるいは焦りというものは強いのだと思います。

 単位交換を前提とした編入制度、これは「セカンドチャンス」の提供として機能する一方で、人材獲得合戦の場にもなっているというわけです。そう言えば、最近のアイビーリーグの「不合格通知」では、「今回の9月入学の対象にはならなかったが、あなたは非常に優秀だから、来年必ず編入の願書を出してくれることを待っている」という文言が多いようで、中には「自分が不合格ではなく、ある種の補欠なのか」と勘違いする学生も出る(実際は不合格通知なのですが)始末です。

 更にいえば、どうして各校が編入を重視するかといえば、高校までの表面的な成績では分からない、大学に入ってからの「伸び」を評価したいのと、必ず一定程度のパーセントは存在する「入学直後の燃え尽き症候群」を「元気な」学生と入れ替えたいという動機もあるようです。そんなわけで、今回の事件で、書類の審査は厳しくなるでしょうが、編入制度が下火になることはないでしょう。

 ところで、このウィーラー容疑者、一説によると起訴された罪状を足し合わせると禁固50年の刑になる可能性もあるそうです。では、スピルバーグの映画の主人公がFBIに詐欺のノウハウを伝授して罪状の一部を免責にしてもらったように、各大学の入試事務室に対して「願書不正のノウハウ」を指導して免責にしてもらう可能性はどうかといえば、これはなさそうです。詐欺としては余りにもお粗末な手口だったからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!