コラム

パナマ文書の嵐をやり過ごす共産党幹部の「保護傘」

2016年04月11日(月)18時00分
パナマ文書の嵐をやり過ごす共産党幹部の「保護傘」

 今から1年前、ある匿名の人物が一千万件を超すパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の機密文書を南ドイツ新聞にリークした。同新聞はこの膨大なデータを「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)と共有。ICIJは全世界の100余りのメディアの記者にこの情報を精査させ、そしてついに4月3日、最初の調査結果を公表した。完全なデータベースは5月初めに公開される。この一連の資料は「パナマ文書」と呼ばれている。

 リークされた文書は国際的に権威のある高官とエリートたちがどのように租税回避しているか、そして莫大な財産を移転したのかを示すものだ。文書に自身や家族の名前が出る世界の現職・前職の国家元首や政府首脳の数は100人以上。パナマ文書の嵐は世界を大きく揺さぶり、アイスランドの首相は民衆の抗議で辞職に追い込まれた。イギリスのキャメロン首相はどうして文書に父親の名前が現れるのか、メディアと国民に苦しい説明を強いられている。国民の抗議の声は大きく、キャメロンが一族の私有財産を公表するだけでは収まらず、野党首脳さえ自分の財産を明らかにするよう迫られている。

 租税回避をめぐる疑惑で荒れ狂う嵐に巻き込まれた首脳たちは、狼狽し困惑しながらふと東の方を見たとき、ひどく驚く光景を目にしたに違いない。ある国家のリーダーたちは、もっと悪質なスキャンダルに問われながら、まったく微動だにせず、まるで完全に無関係な様子なのだから。

 この文書には中国共産党の歴代五代の指導者あるいは彼らの家族の名前が含まれ、そのうち少なくとも8人の現職あるいは前職の政治局常務委員がいる。最も注目されるのは、一貫して「反腐敗運動には死角なし、タブーなし」と掲げてきた習近平の義理の兄、鄧家貴の名前があることだ。現在の指導者と関係があるところでは、政治局常務委員の劉雲山の息子の妻である賈麗青、同じく政治局常務委員の張高麗の娘婿である李聖溌。元首相の李鵬の娘で、有名な「紅後代 (編集部注:革命元老の子弟とその子供)」である李小琳の名前もある(李小琳は国民の非道徳的な行為を記録する「道徳記録」導入を呼びかけ、ネットユーザーから皮肉交じりに「道徳姉さん」と呼ばれた人物だ)。前全国政治協商会議主席の賈慶林の孫の李紫丹、第一世代の指導者である毛沢東の孫娘の婿の陳東昇、元党総書記の胡耀邦の息子、胡徳華などもいる。

 中国の法律によれば、中国の国民が国外の会社を利用して取引するのは必ずしも違法ではない。実際、大量の私営企業が国外に会社を登記して租税回避に利用している。しかし中国共産党の党規は高官とその家族が職権を利用し、コネを使って利益を得ることを禁止している。これほど多くの党のトップクラスの高官がパナマ文書で疑われるのは、巨大なスキャンダル以外の何物でもない。

 どうして他国に衝撃を与えるこの大嵐が、中国ではまるで何もなかったようになってしまうのか。それは、中国共産党が徹底的に中国のメディアとネットをコントロールしているからだ。「パナマ文書」というキーワードは中国のネット上で検索できず、主要メディアのサイトの上でも関連した報道は大量に削除されている。官製メディアの「パナマ文書は西側勢力が西側勢力以外の政治エリート層と組織に対抗する手段にすぎない」と、いう評論がわずかに残るだけだ。ただメディアをいかにコントロールしようとも、ネットユーザーの高官の汚い噂に対するゴシップ的興味を消すことはできない。習近平の義兄である鄧家貴はネットユーザーに「姉婿」という名前で呼ばれていた。彼らの間の暗黙の了解だが、「姉婿」という言葉はあっという間にSNS上で検閲されるようになってしまった。

 まともな国家では、権力はメディアと有権者の監視を受ける。そのため、いかなるスキャンダルもすべて指導者が失脚する理由になる。しかし中国では、指導者と彼らの家族は自分たちを守るために「保護傘」を使い、世論の嵐の威力を無視することができる。これも中国共産党の指導者が政治改革を始めたくない原因だ。

<次ページに中国語原文>

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!