注目のキーワード

Picture Power

【写真特集】人間と野生のジンベイザメの危うい関係

WHALE SHARK PAINS

Photographs by HANNAH REYES MORALES

2022年03月19日(土)15時00分

フィリピン中部セブ島タンアワンで漁師がジンベイザメに餌をやる。大きい個体は全長20メートルにも達し、現存する魚類の中では世界最大だが、性質はおとなしい

<かつてセブ島は、野生のジンベイザメと交流できる世界有数の観光スポットだった>

夜明け前、ローリン・デ・グズマンは小舟で海へこぎ出す。するとジンベイザメの「180」が水面から巨大な口を出した。グズマンは優しく話し掛けて小エビを与え、皮膚の汚れをそぎ取ってやる。

ここフィリピン中部セブ島オスロブの自治体タンアワンは、かつて野生ジンベイザメと交流できる世界有数の観光スポットだった。2019年には50万人が訪れ、観光業が住民の主な収入源だった。

しかし、コロナ禍で観光客は大幅に激減した。需要の回復を信じてグズマンらはなけなしの資金で餌を与え続けるが、ジンベイザメへの餌付け事業を始めた漁師が21年9月、自殺した。

そもそも絶滅危惧種であるこのサメの扱い方は批判の的だった。回遊魚であるのに餌付けして島につなぎ留めたり、繰り返し海面に浮上させることで船などに触れて体に多く傷ができることなどを保護団体は問題視してきた。

それでも「彼らは私の子供」と語るグズマンらとジンベイザメの危うい関係は容易に断ち切れそうにない。

ppsha02.png

夜明けどき、餌となるサクラエビを運ぶ。本来は雑食であるジンベイザメにエビのみを与えることも生態を崩すとして批判されている

ppsha03.png

かつての観光業のにぎわいの痕跡が残るタンアワンの店。コロナ禍により土産物店やレストランは休業を余儀なくされた

ppsha04.png

ジンベイザメへの餌付けを最初に始め、2021年9月に自殺した漁師の祭壇の前に座る妹。遺体は飢餓状態だったという

ppsha05.png

ジンベイザメツアーで得た収入で建てたグズマンの自宅で食事を準備する家族。コロナ禍による困窮を娘の仕送りなどでしのぐ

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

物価の刈込平均値、5月は+1.5% 2カ月連続で最

ビジネス

香港証券先物委、アルケゴス破綻後にデリバティブの監

ワールド

豪、太平洋島しょ国の軍事訓練支援へ 漁業水域監視も

ワールド

トレーラーから移民40人以上の遺体、米テキサス州

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 7

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中