Picture Power

【写真特集】人間と野生のジンベイザメの危うい関係

WHALE SHARK PAINS

Photographs by HANNAH REYES MORALES

2022年03月19日(土)15時00分

フィリピン中部セブ島タンアワンで漁師がジンベイザメに餌をやる。大きい個体は全長20メートルにも達し、現存する魚類の中では世界最大だが、性質はおとなしい

<かつてセブ島は、野生のジンベイザメと交流できる世界有数の観光スポットだった>

夜明け前、ローリン・デ・グズマンは小舟で海へこぎ出す。するとジンベイザメの「180」が水面から巨大な口を出した。グズマンは優しく話し掛けて小エビを与え、皮膚の汚れをそぎ取ってやる。

ここフィリピン中部セブ島オスロブの自治体タンアワンは、かつて野生ジンベイザメと交流できる世界有数の観光スポットだった。2019年には50万人が訪れ、観光業が住民の主な収入源だった。

しかし、コロナ禍で観光客は大幅に激減した。需要の回復を信じてグズマンらはなけなしの資金で餌を与え続けるが、ジンベイザメへの餌付け事業を始めた漁師が21年9月、自殺した。

そもそも絶滅危惧種であるこのサメの扱い方は批判の的だった。回遊魚であるのに餌付けして島につなぎ留めたり、繰り返し海面に浮上させることで船などに触れて体に多く傷ができることなどを保護団体は問題視してきた。

それでも「彼らは私の子供」と語るグズマンらとジンベイザメの危うい関係は容易に断ち切れそうにない。

ppsha02.png

夜明けどき、餌となるサクラエビを運ぶ。本来は雑食であるジンベイザメにエビのみを与えることも生態を崩すとして批判されている

ppsha03.png

かつての観光業のにぎわいの痕跡が残るタンアワンの店。コロナ禍により土産物店やレストランは休業を余儀なくされた

ppsha04.png

ジンベイザメへの餌付けを最初に始め、2021年9月に自殺した漁師の祭壇の前に座る妹。遺体は飢餓状態だったという

ppsha05.png

ジンベイザメツアーで得た収入で建てたグズマンの自宅で食事を準備する家族。コロナ禍による困窮を娘の仕送りなどでしのぐ

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

イーライリリー通期実質利益見通しが予想超え、糖尿病

ビジネス

米スタバの10─12月期、売上高が予想下回る 中国

ビジネス

米フォード、第4四半期は減益 低調な見通しで株価下

ワールド

中国外相、尖閣巡り日本に「右翼勢力」の挑発制止を要

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 8

    「ロシアは勝てないが、ウクライナも勝てない」──「…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中