注目のキーワード

コラム

パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

世界が前澤友作に注目するのは、バツグンに「面白いお金持ち」だから

<お年玉ばらまき企画から月周回旅行のパートナー探しまで、桁違いのカネのかけかたがもれなく話題に> 世界が前澤友作(ゆうさく)に注目している。

2020.01.28
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

ローマ教皇「日本は難民を受け入れて」発言が大炎上したけど

<これを機に、単純なYESでもNOでもない、議論を深める思考法を試してみない?> Q:世界の難民を見捨てるつもりですか? 僕はこんな質問をし

2019.12.20
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

今からでも遅くない! トランプ弾劾を徹底解説

<今までまったく注目して来なかった人にでもわかる、パックンの弾劾解説一問一答> アメリカ史上4回目の大統領弾劾調査が本格化してきた。まったく

2019.11.14
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

裏切られ続けるクルド人の苦境に思うこと

<アメリカがクルド人を利用しては見捨てる、という歴史の繰り返しの中でも今回のトランプ大統領の裏切りは特にひどい> 「日本人に生まれてよかった

2019.10.24
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

「韓国なんて要らない」なんて要らない?

<ヘイトスピーチと非難された「韓国なんて要らない」というテーマを分野別に議論してみると......> 慰安婦像、徴用工問題、輸出規制、玉ねぎ

2019.09.24
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

ビジネスマン失格のトランプは実は「グレイテスト・ショーマン」!

<95年までの10年間で合計11億ドル以上の損失を出していたトランプはビジネスマンとしては最低、しかし視聴率を叩き出すショーマンとしては超一

2019.05.29
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

<大坂なおみ選手は日本とアメリカの両方の国籍を持つことができる! 日本代表にもなれるし、アメリカでの経済活動もできる> 昨年9月にこのコラム

2019.04.10
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

令和フィーバー:使いづらいものの発表にお祭り騒ぎの愛すべき日本

<日本中が熱狂した新元号の狂騒曲。でもこの話題で盛り上がれる日本に、世界は本当は憧れている......かも> ※4月16日号(4月9日発売)

2019.04.09
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会ってきた!

<来日していた元大統領首席戦略官のバノンに取材をし、なぜ彼が嫌われ者なのかを考えてみた――> 政治経験のないリアリティーテレビのスターが初め

2019.03.23
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

ベネズエラ式「マドゥロ・ダイエット」って何?

<政情混乱のベネズエラをめぐり、アメリカとロシアの対立が激化。その陰で、ベネズエラ国民はますますやせていく......> ちょっと正月太りが

2019.02.02

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中