コラム

パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

パックンが広島で考えたこと

<アメリカの現職大統領として初めて広島を訪問したオバマは、その演説の中で原爆投下の是非論については触れなかった。しかし現場で演説を聞いたパッ

2016.05.31
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

破壊王! トランプの「政治テロ」が促すアメリカの変革

 ご存知の通り、僕はドナルド・トランプ大統領候補をちっとも応援していない。  不適切な発言でアメリカのイメージを下げたり、人種間の溝を広げた

2016.04.28
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

<【前編】はこちら>  トランプ人気は否めない。しかし、予備選で通じている手段は本選挙では通じないはず。  例えば、経済的な不満を持つ人々の

2016.03.11
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

パックンが斬る、トランプ現象の行方【前編、人気の理由】

 派翠克。 「パトリック」を中国語で書くとこうなるらしい。あまりピンとこないね。「鳩°陸」にしようかな。「ハーラン」は「波ー乱」でいっか・・

2016.03.10
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

美味しすぎてマズイ、ふるさと納税のカラクリ

 年末年始は帰省した? 久しぶりに懐かしい街をみて、「お世話になったな~、何か恩返ししたいな~、でもあまりお金をかけられないな~」と思った人

2016.02.02
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

パックン流、ゲスな賄賂の撲滅法

 政府がマイナンバー制度を用いて、国民全員の金銭的なやり取りを全て把握しようとしているのに、政治家の金銭授受は闇のままでいいのか?  マイナ

2016.01.25
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

シッパイがイッパイ、アメリカの中近東政策

 パリやカリフォルニアのテロ攻撃で世界に不安な気持ちが高まっている中、オバマ大統領がめずらしく執務室から演説を行った。情熱があふれ、強さや決

2015.12.18
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

過剰反応はダメ、ゼッタイ

 Solidarité!  この悲しみを共有し世界中で団結しよう。そういった強い意志を示す声が世界各国から挙がっている。僕も心からお悔やみを

2015.11.17
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

マイナンバー歴44年の僕から一言

 あなたのマイナンバーは届いたかな?    実は僕、皆さんより一足先にマイナンバーを持っているんだ。なんと44年前からね。  ということで今

2015.10.09
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

アメリカ人だからか、語りきれなかったみたい

 前回のコラムに対する皆さんの反応が実に熱い。  寄せられた感想やコメントは全部ありがたく拝読させていただいた。  中には少し勘違いされてい

2015.09.24

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 7

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 8

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 9

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中