コラム

ビジネスマン失格のトランプは実は「グレイテスト・ショーマン」!

2019年05月29日(水)17時45分
ビジネスマン失格のトランプは実は「グレイテスト・ショーマン」!

今回の訪日でもトランプはショーマンシップを発揮したが…… Jonathan Ernst-REUTERS

<95年までの10年間で合計11億ドル以上の損失を出していたトランプはビジネスマンとしては最低、しかし視聴率を叩き出すショーマンとしては超一流?>

米中通商交渉、北朝鮮の非核化、イラン核合意離脱、日米関係などはどうなる......?!

ちょっと待って。進展を予測する前に実験に付き合ってください。

1)まず近くのATMに行って、僕に3000万円を振り込んでください。
......終わりました? これで振り込み詐欺の被害者の気持ちが分かるはず。よかったですね。でも、これはあくまでウォーミングアップに過ぎない。

2)次は本題。今回はATMに行って3000万円を引き出して、溝に捨ててください。待って、だめだ! 古紙の資源ごみに出してください。  
......終わりました? では、明日も同じことをやってください。明後日も。しあさっても。その先もずっと、毎日3000万円を捨てるプロセスを、10年間(!)続けてください。
......終わりました? これでドナルド・トランプ米大統領の気持ちが分かるはず。よかったですね。

トランプが手掛ける事業は1985~94年の10年間で11億ドル以上の損失を計上していた。1日3000万円のペースだ。納税申告書の写しを入手したニューヨーク・タイムズが5月初旬のスクープ記事でこんな衝撃的な事実を明かした。トランプはなんと何年かは内国歳入庁(IRS)が記録する中で、アメリカで一番お金を失った人だったという。よっ! アメリカ・ファースト!

これと並ぶ大スクープだったのは、昨年10月にニューヨーク・タイムズの一面を飾った記事。それもリークされたトランプ一族や彼らの事業の税金関連資料に基づくものだったが、要点は、住宅や団地などの建設や経営で大儲けしていた父のフレッド・トランプから、ドナルドくんは3歳の時から今の価値で20万ドル相当の年間給与をもらったり、295もの方法で合計4億1300万ドル以上の財産を受け取ったりしたということ。さらに、さまざまなからくりで、贈与税、相続税、所得税などの税金から免れることができたという。メーク・アメリカ・ダツゼイ・アゲイン!

トランプは公には「父からは100万ドルを借りただけ」と、自分の力で莫大な財産を作ったと何度も主張しているが、記事内容が正しければ、父からのお金は何百倍も大きな額だったし、借りたのではなくもらったもの。そして、国から隠したもの。そして、いろいろな商売に使って失敗したもの。結局、父からの大事な財産も含めて10年間、1日30万ドルを溝に捨て続けたのだ。僕はパパからもらったクリスマス・セーター1つでもなかなか捨てられないのに......。

もちろん、これらは匿名のソースがリークした資料に基づく新聞記事なだけで、真実であると僕は確信をもって伝えられない。さらに、どれも大昔のことなので、真実であっても、犯罪行為があったとしても、時効となり、当局が調べたりすることはないはず(昨年の記事を受けて、連邦控訴裁判所の判事でトランプの姉であるマリアン・トランプ・バリーに対する裁判所の司法委員会の調査が始まったが、直後にトランプ判事が辞任したため、調査も途中で終了した)。でも、刑事責任は問われなくても、真実だったら嫌だよね。でも、大丈夫!トランプは「フェイクニュース」と、全面否定している。安心だね!
 
本当はどうなんだろう? 真相を突き止めるには、本物の納税申告書を見るしかない。でも、トランプは絶対にそれを見せたくはないようだ。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!