コラム

パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

オリンピックイヤーの今年、日本は世界のリーダーでいられるか?

<記念すべき2020年に、日本が国際社会でインパクトを与えられる分野は......> 開国からほんの数十年で、アジアで初めて先進国の仲間入り

2020.01.30
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

世界が前澤友作に注目するのは、バツグンに「面白いお金持ち」だから

<お年玉ばらまき企画から月周回旅行のパートナー探しまで、桁違いのカネのかけかたがもれなく話題に> 世界が前澤友作(ゆうさく)に注目している。

2020.01.28
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

ローマ教皇「日本は難民を受け入れて」発言が大炎上したけど

<これを機に、単純なYESでもNOでもない、議論を深める思考法を試してみない?> Q:世界の難民を見捨てるつもりですか? 僕はこんな質問をし

2019.12.20
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

今からでも遅くない! トランプ弾劾を徹底解説

<今までまったく注目して来なかった人にでもわかる、パックンの弾劾解説一問一答> アメリカ史上4回目の大統領弾劾調査が本格化してきた。まったく

2019.11.14
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

裏切られ続けるクルド人の苦境に思うこと

<アメリカがクルド人を利用しては見捨てる、という歴史の繰り返しの中でも今回のトランプ大統領の裏切りは特にひどい> 「日本人に生まれてよかった

2019.10.24
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

「韓国なんて要らない」なんて要らない?

<ヘイトスピーチと非難された「韓国なんて要らない」というテーマを分野別に議論してみると......> 慰安婦像、徴用工問題、輸出規制、玉ねぎ

2019.09.24
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

ビジネスマン失格のトランプは実は「グレイテスト・ショーマン」!

<95年までの10年間で合計11億ドル以上の損失を出していたトランプはビジネスマンとしては最低、しかし視聴率を叩き出すショーマンとしては超一

2019.05.29
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

<大坂なおみ選手は日本とアメリカの両方の国籍を持つことができる! 日本代表にもなれるし、アメリカでの経済活動もできる> 昨年9月にこのコラム

2019.04.10
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

令和フィーバー:使いづらいものの発表にお祭り騒ぎの愛すべき日本

<日本中が熱狂した新元号の狂騒曲。でもこの話題で盛り上がれる日本に、世界は本当は憧れている......かも> ※4月16日号(4月9日発売)

2019.04.09
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会ってきた!

<来日していた元大統領首席戦略官のバノンに取材をし、なぜ彼が嫌われ者なのかを考えてみた――> 政治経験のないリアリティーテレビのスターが初め

2019.03.23

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

  • 2

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 5

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!