コラム

ベネズエラ式「マドゥロ・ダイエット」って何?

2019年02月02日(土)14時15分
ベネズエラ式「マドゥロ・ダイエット」って何?

国旗を振って集まった支持者を鼓舞するマドゥロ(1月23日、カラカス) Miraflores Palace/REUTERS

<政情混乱のベネズエラをめぐり、アメリカとロシアの対立が激化。その陰で、ベネズエラ国民はますますやせていく......>

ちょっと正月太りが気になる方、いま話題のやせ方を紹介しよう! その名も「マドゥロ・ダイエット」! なんと、これに挑戦した64%もの人がやせることに成功している。しかも、1人あたり平均で11キロ以上も減量している! なんといっても、やり方はとてもシンプル。1年間ベネズエラで暮らすだけなのだ!!

冗談に聞こえるが、これは本当の話だ。ニコラス・マドゥロが大統領に就任する前年はプラス5.6%だったベネズエラのGDP成長率はこの6年間でマイナス18%に転落。さらに、政府の収入の9割を占める石油の価格下落が続く中でも、前任のウゴ・チャベス大統領の時代に始まった「ばら撒き」を続けるために政府が紙幣を刷りまくり、ハイパーインフレーションを起こした。IMFは1000万%越えのインフレ率を予想している。トイレットペーパーを1個買うのに260万ボリバルもかかる。むしろボリバルでお尻を拭いた方が安い。

ボリバルの価値がないため、輸入はほぼ止まっている。しかも、石油価格が高かったころは食料品や生活必需品などを大量に輸入していたため、国内の農業、製造業が衰えてしまった。その上、政府は商品の価格統制をしていたから企業の収入が途絶え、生産の資金もなくなった。今や、お店の棚に品物がなく、お金があっても買うものがない。

結果、ベネズエラ人の生活水準は急落し、満足に食べられない人がほとんど。冒頭の数字は2017年のものだが、16年でも「マドゥロ・ダイエット」で国民の74%が、1人当たり平均で8キロ以上やせているという。リバウンドの心配なし!

いや、喜んでいる場合ではない。実は国民の体重だけではなく、国民の数も減っている。人口の1割にあたる約300万人ものベネズエラ人が外国へ逃げ出しているという。

そんななか、大幅な前倒しで昨年5月に強行された大統領選挙では、世論調査が野党候補の勝利を示していたのにマドゥロが再選を果たした。国民は本当にマドゥロ政権の6年延長を願ったのだろうか。みんなモデル体系を目指しているのか? 

というより、不正選挙だったのではないか? そう判断して、アメリカ、イギリスなどの国々は選挙の結果を認めなかった。反政府デモも起きたが、マドゥロ大統領はなんとかしのげそうだった。しかし先月、国会議長のフアン・グアイドが、正当に選ばれた大統領が不在だとして、憲法の決まりによって自分が大統領になると宣言した。よっ! ダブル大統領!

もちろん、マドゥロは身をひかないし、依然立場は強い。選挙管理委員会も最高裁も軍もマドゥロに付いているのだ。特に大事なのは軍。マドゥロは将軍を内閣に入れ、食料配布機関や石油会社のトップに据えているし、昨年夏に1万6900人の「忠実な軍人」を昇進させたことで軍の支持を固めている。さらに、政権交代が実現したら軍は汚職や人権侵害などの罪に問われる可能性が高いため、執拗に現政権を守るはず。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!