コラム

トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会ってきた!

2019年03月23日(土)14時00分
トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会ってきた!

大統領側近時代は「トランプの頭の中にいた」とも言われるバノンだが Carlos Barria-REUTERS

<来日していた元大統領首席戦略官のバノンに取材をし、なぜ彼が嫌われ者なのかを考えてみた――>

政治経験のないリアリティーテレビのスターが初めて挑戦した選挙で大統領になった。そんなシンデレラストーリーの主人公がドナルド・トランプなら、変身させたフェアリー・ゴッドマザーはスティーブ「ビビディ・バビディ」バノンだろう。

ウォール街やハリウッドで莫大な財を成した後、「ブライトバート」をright wing(右翼)ニュースサイトの最大手に育てたスティーブ・バノンは、選挙まで残り三カ月のところでカオス状態に陥っていたトランプの選対本部を導き、奇跡の逆転勝利劇を演出した。そして、トランプが大統領に就任してから1年半、バノンはブレーンとして常にそばにいた。ずっとトランプの頭の中にいた、と言う人もいる。陰から操っていた、と言う人もいる。

満月の夜に狼に化けて、幼稚園児の血を吸って生きている――と、さすがにそこまで言う人はいないが、それに近いニュアンスでバノンを猛烈に批判する人は多い。反トランプのリベラル・メディアは当然、トランプ支持の保守派メディアにも、そして両方の視聴者にも、各派の国民にもアンチ・バノンは多くいる。これだけ嫌われている人に......僕は会いたい!

そう思って、先日、ニンニクや十字架、銀の弾丸(化け物退治に使われる)を手に、来日中のバノンの取材に挑んだ。

Little guy(低所得の一般人)の代表を自称するバノンは、皇居を見下ろす超高級ホテルの20階角部屋スイートルームのソファに座っていた。黒いジャケットを来て、トレードマークの無精ひげもなく、髪型は比較的整っていた。笑顔で挨拶を交わした後、彼は部屋のすみっこでこそこそ話をしていたスタッフたちに「Knock it off!(やめろよ)」と注意して、真剣モードに切り替わる。最初の印象は悪くない。自信を持っていて、常に会話の中心にいる権力者そのものだ。

話し方も自信にあふれている。政治学の用語を混ぜながら、歴史や時事からの例を挙げて、大きな主張を繰り返す。時間を独り占めして、情報量で相手を圧倒する。反論を防ぐために実に有効な話術だ。でも、僕にも手がある。コラム執筆だ! 結局、ここでもバノン中心の話になるけどね。
 
それでは早速、「なぜバノンが嫌われているのか」の旅に参ろう!
 
バノンのライフワークはEconomic-nationalism(経済的ナショナリズム)の啓発。トランプに出会う10年ほど前から民主迎合主義、国家主義の普及活動に取り組んでいる。その主なポイントは関税などで自国の産業を守り、移民規制で自国の国民の雇用を守ること。今は特に、世界制覇を目指す中国の習近平政権に対する警戒を呼び掛ける運動をしている。

「ヨーロッパ、北米、韓国や日本は主権と自由を代表する国々。世界秩序を維持する民主主義の力となり、中国共産党が広げる全体主義・重商主義社会に立ち向かわないとだめだ」と力強く断言する。

なるほど。難しい単語を羅列していて、実演販売のときのよく磨かれた営業トークみたいに感じられるが、別に非常識なことを言っているとは思わない。少し大げさだけど、多くの政治家やアナリストの主張によく似ている。さらに、バノンが進める保護主義はもともと労働者寄りのリベラル派がお気に入りの政策。欧米の民主主義社会と価値観を優先する保守派にも響くレトリックだ。日本でも似たような論点をよく聞く。この主張だけだったら、バノンは大して憎まれないし、恐れられないはず。残念! 

残念じゃないけど、旅は続く。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!