コラム

世界が前澤友作に注目するのは、バツグンに「面白いお金持ち」だから

2020年01月28日(火)16時20分
世界が前澤友作に注目するのは、バツグンに「面白いお金持ち」だから

2018年に外国特派員協会で宇宙旅行について会見した前澤 TORU HANAI-REUTERS

<お年玉ばらまき企画から月周回旅行のパートナー探しまで、桁違いのカネのかけかたがもれなく話題に>

世界が前澤友作(ゆうさく)に注目している。最近、BBCやCNN、ニューヨーク・タイムズなどがこぞって彼を記事にした。

お金持ちだからではない。前澤さんの資産額は10億ドル以上だが、そんなビリオネアは世界に2604人もいる。ドイツには資産額が4億ドル超の犬、グンター4世がいて、歌手マドンナから750万ドルの家を買ったこともあるという。マドンナはかつて750万ドルの犬小屋に住んでいた、とも言えるけど。

前澤さんが注目されるのは「面白いお金持ち」だからだ。まずアートコレクターとして話題になった。2016年に約62億円のバスキアの絵を含め、オークションで90億円近い「大人買い」をした。2017年にもまたオークションでバスキアの絵画を史上最高額の約123億円で購入。当然注目度が高まった。オークションでバスキアを売りたい人の間では。

昨年1月には、前澤さんの投稿が世界新記録となる430万回以上リツイートされたことも報じられた。ツイッター大統領ことドナルド・トランプの昨年の最高記録は約20万回。人気ラッパーを取り上げたときだ。前澤さんはそんなズルい手に頼らず、リツイートした人の中から100人に100万円ずつ配ると約束しただけ。他人の人気に便乗しない。福沢諭吉以外は。

しかし、大ブレイクは今年1月。2023年の宇宙旅行に「人生のパートナー」を連れて行くという、推定750億円のハネムーンを懸けたお見合い企画を発表したときだ。

「世界の平和を願っている」20歳以上の独身女性を募集し、今年3月末までに相手を決める一部始終がAbemaTVで放送される。世界の目を引き付けるのは当然だ。現に、そっくりの米リアリティー番組『お金持ちと結婚したい人は?』(2000年)は高視聴率を記録している(結ばれた2人がすぐに結婚の無効宣言をしたことは、縁起が悪いからここには書かない)。

#MeTooの時代に?

前澤さんは昔から世界のセンスに合わせている気がする。例えば、ミュージシャンとしての芸名はYOU X SUCK(ユーサック)。直訳すると「あなたはしゃぶる」だが、意味としては「おまえ、下手くそ」だ。ライブで「You suck!(ユー・サック)」と客席から叫ばれたとき、やじられているのか、応援されているのか分からない。実に面白い。

もちろん、誰もが彼を評価するわけではない。他の超お金持ちが社会貢献に取り組むのと違い、彼は自分の興味を満たしてばかりと批判されそう。ビル・ゲイツが感染症撲滅に励む一方、前澤さんは自家用ジェットの内装をエルメスで装飾する。また、はしゃぎ方が少年っぽくて、スペースXの創立者イーロン・マスクみたいに「ピーターパン症候群」と言われるだろう。ピーターパンも人気だけどね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!