コラム

ローマ教皇「日本は難民を受け入れて」発言が大炎上したけど

2019年12月20日(金)17時00分
ローマ教皇「日本は難民を受け入れて」発言が大炎上したけど

ギリシャ・レスボス島の難民キャンプで登録手続きを待つ難民の子供たち Elias Marcou-REUTERS

<これを機に、単純なYESでもNOでもない、議論を深める思考法を試してみない?>

Q:世界の難民を見捨てるつもりですか?

僕はこんな質問をしない。バイアス込みの聞き方で、感情論になってしまうから。でも、例えば誰かに聞かれたとき、日本のみなさんは「はい! 見捨てます!」と答えるのだろうか。

11月下旬に訪日したローマ教皇がミサに先立ち、教会でのイベントに出席して「友情の手を広げてひどくつらい目に遭って、みなさんの国に避難してきた人々を受け入れること」をお願いしたとき、ツイッターは教皇バッシングで炎上した。「ムリムリ!」「カトリックの国々に言え!」などの内容のツイートが殺到し、多くの「いいね」を稼いでいた。「お前は教皇だが、こちらも強硬だぜ!」というノリだった。

この拒絶反応はワシントン・ポスト紙に取り上げられ、海外でも話題になった。少数派の意見かもしれないが、これが世界の持つ日本の印象になりかねない。これがツイッターの怖さ。正しさよりキャッチーさが勝つのだ。

もちろん、280文字のツイートで実り多い議論をするのは不可能だろう。ここでその10倍の文字数をかけても、言いたいことが伝わらない僕だからよく分かる。

例えば、難民の受け入れに関する議論の核心に触れるなら、下記の質問に答えることになる。

Q1:日本は国際社会の一員として責任を果たし、難民の救済や援助に努めるべきですか?
Q2:国際社会と関係なく、日本は独自の判断で難民の救済や援助にできることをやるべきですか?

これらに、無条件でYES! かNO! で答えれば、ツイートとして成立するが、そんなにきっぱり答えられる人、それだけで結論として受け止められる人はどれぐらいいるだろうか。

たとえNOと答えても、その理由も付け加えないと説得力に欠ける。PKO活動や多国籍軍の後方支援、または温暖化対策などにおいては「国際社会の一員としての責任」がよく論じられる。いわゆる保守もリベラルも、国際的な規範や外国からの評価を気にするのだ。難民条約に加盟している日本政府もその責任を正式に認めているのだ。それでもNOですか? なぜですか? と、説明を聞きたくなる。

「はい。それでもNO!」と答える人の中には、国家の主権を超える権威を認めないことを理由に挙げる人もいるだろう。そんな人には「責任」ではなく、日本の国益、価値観や道徳をもって一緒に考えたい。日本は、「絆」や「助け合い」を大事にする、弱者に優しい、強い性格を理想とする文化だ。アフガニスタンで灌漑事業に取り掛かった中村哲さんも称えられる。人に求めるものは、国にも求めるべきではないか? と尋ねてみよう。

また、海外からの評価や評判は日本の国力につながるとされる。日本が世界に好かれる国であれば、武力で他国に自分の意思を押し付ける必要はなく、お金で動かす必要もなく、親日感情だけでも日本にとって有利な方向に動いてもらえるはずだ。自国主義であっても、この「ソフト・パワー論」の観点から難民の救済を考えるべきではないか? と聞いてみたい! 

聞きたいことが聞けないこの状況でストレスがたまる!

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 7

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 8

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!