コラム

裏切られ続けるクルド人の苦境に思うこと

2019年10月24日(木)17時40分
裏切られ続けるクルド人の苦境に思うこと

トルコ軍の攻撃を逃れてシェルターに避難したクルド人の母子 Muhammad Hamed-REUTERS

<アメリカがクルド人を利用しては見捨てる、という歴史の繰り返しの中でも今回のトランプ大統領の裏切りは特にひどい>

「日本人に生まれてよかったな~」と思う瞬間はありますか? 温泉に浸かってアニメを観ながら、豚骨ラーメンを召し上がるときとか?

では、逆に「〇〇人に生まれなくてよかったな~」と思う瞬間は? 僕は、ニュースを見てそう思うことは多い。特に最近だと「クルド人に生まれなくて、本当によかった」とばかり思っている。
 
多少失礼な言い方だが、けなすつもりは全くない。主にイラン、イラク、トルコ、シリアの国境地帯に住む山岳民族のクルド人は独自の文化、立派な伝統芸能や音楽、文学を持っている。ノーベル平和賞受賞者や世界一の水切りヨーグルトのメーカーの創立者など、世界に貢献している著名なクルド人もいる。もちろん、クルド人に生まれたならば、それを「よかったな~」ときっと思うはずだ。

でも、苦境に置かれているのは間違いない。なんせ、世界一のstateless nationつまり、国を持たない民族だからだ。

もちろん、クルド人は自分の国が欲しいと思っている。その名も「クルディスタン」。今のシリア、トルコ、イラン、イラクの4カ国にまたがったエリアの理想の国になるなら、その面積は39万平方キロ。クルディスタンは日本より大きい。世界に拡散しているクルド人を国民として集められれば、その人数は3500万人。クルド人はマレーシア人より多い。さらに、食べたことはないが断言させてもらえれば、クルド料理はイギリス料理よりおいしい。

なんで国がないのか? 理由は複数あるが、大国の裏切りが大きな要因となる。19世紀から自国創立を求める運動を起こしたクルド人は、第一次大戦でイギリス軍やロシア軍とともに、その地域を支配していたオスマン帝国対戦に参加した。そのご褒美も含め、イギリスは終戦後のセーブル条約(オスマン帝国の分割案が定められた)で、将来クルディスタンを建国させる約束をした。なのに、裏切った。

分断されたままのクルド人はそれからも、主にアメリカに利用されては、見捨てられる。例えば、アメリカはイラク政府と敵対すると、クルド人の民兵を武装して、政府への抵抗を勧める。しかし、自分たちの目的が達成できると、イラク政府から反撃を受けたクルド人が虐殺されてもアメリカは動かない。この悲劇はジョンソン政権のときにも、ニクソン政権のときにも、レーガン政権のときにも、ブッシュ・パパ政権のときにも起きている。クリントン政権のときはトルコ政府がトルコ国内のクルド人を、ブッシュ・ジュニア政権の時はやはりトルコ政府がイラク国内のクルド人を攻撃して大勢殺しても、止めなかった。アメリカの民主党と共和党はどんな課題においても対立する、両党の支持者がいると夜ご飯を喧嘩せずに食べることすらできないのに、「クルド人を守らない」という点においてだけ仲良く一致しているね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

桜を見る会前日の夕食会費明細書、「そうしたものはな

ワールド

スリランカ大統領選で元国防次官が勝利、対立候補と大

ワールド

イラン最高指導者がガソリン値上げ支持、抗議デモは敵

ビジネス

英、不動産の新規販売件数が急減 ブレグジットと総選

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 2

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 3

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されていることがわかった:研究結果

  • 4

    災害後の復興増税が誤った選択肢である理由

  • 5

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 6

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 7

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    「アイル・ビー・バック」のせりふと共にターミネー…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 6

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 10

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!