注目のキーワード

コラム

欧米のウクライナ援助の裏にある不都合な真実(パックン)

2022年03月31日(木)17時30分

「同じ白人」というバイアスは援助にどの程度影響したのか(ウクライナ難民と交流するローマ教皇フランシスコ、3月)Guglielmo Mangiapane-REUTERS

<海外メディアが思わずポロリしたように、欧米がウクライナへの支援に力を入れるのは自分たちと顔や肌色が似ている「同じ文明の人」だから......でもそれではいけないはず>

自慢じゃないけど......というと、大体自慢が来る。でも、今回は違う。

自慢じゃないけど、僕はロシア軍によるウクライナ侵攻の前に、ある現象が起きると予想して当てていた。このコラムにはその予想は書かなかったが、報道番組のスタッフには話していたので、証人として呼んでもいいよ。

僕が予想したのは、「中近東やアジア、アフリカ、南アメリカなどで紛争が起きるときと違って、またロシアが実力を行使したチェチェン、南オセチア、シリアなどのときとも違って、今回はヨーロッパ諸国がすぐ立ち上がって抵抗するだろう!」ということ。......まあまあ普通のことだ。

だが、その理由の考察が鋭かった:「まず、ウクライナの近隣諸国はロシア(ソ連)に侵略、支配された記憶があるから。ウクライナはNATO加盟国に隣接するから。ロシアに占領されたらヨーロッパのパワー・バランスが大きく変わるから。それに、民主主義国に生まれ変わろうとしているウクライナを防波堤に、権威主義の侵食を止めたいから」などと、歴史や地政学的なファクターを挙げた。まあ、これも普通だね。

僕の自慢じゃない点はここからだ!

「あと、言いづらいが、欧米の皆さんは、自分たちと顔や肌色が似ている『同じ文明の人』が被害者になると、反応が違うから」という、「醜い」理由も述べていたのだ。

そして、これが当たってしまった。本当に自慢じゃない。逆に当たって残念な予想だ。

アフリカよりもシリア、それよりもウクライナ

当事者の見た目によって対応が変わるという傾向を、僕はアメリカでよく見てきた。黒人の子供は白人の10倍もの確率で銃で殺害されているが、ジョンベネちゃんのような金髪の白人少女が殺されると、注目度が桁違いになる。有色人種の間にコカインが流行ったときは「終身刑も含めて麻薬使用者への取り締まりを厳しくしよう!」という声が多かったのに、白人の間に鎮痛剤オピオイドの乱用が流行ると「治療の支援をしよう!」と、世論も政策も変わる

国外への向けた対応も違う。トランプ前大統領は大統領命令でイスラム圏など7カ国からの入国を禁止。さらに中南米からの難民を「侵略」として国境に米軍を派遣して、メキシコとの国境沿いに壁を建てようとした。その一方、議員との会議ではハイチからの移民をアメリカから追い出し、ノルウェーのような国からもっと移民を受け入れるべきだと話したという。つまり、肌色の白い方を優先したいのだ。本人の肌の色はオレンジだけどね。

僕はヨーロッパで暮らしたことはないが、外から見るとアメリカと同じ傾向がうかがえる。毎年毎年、コートジボワールやナイジェリア、ギニア、エリトリアなどからヨーロッパに向かう途中の地中海で溺れる移民・難民は数千人いるが、「要塞ヨーロッパ」のガードは堅い。ところが2015年、比較的ヨーロッパ系に近い顔のシリア人の子供が砂浜で溺れている写真が出回ると、その姿に心打たれドイツ、フランス、イギリスなどは一気にシリア難民に門戸を開いた。

しかし、その門は最近また閉まってきている。そこへきて、今回ウクライナから難民は自動的に特別難民指定を受け、EU圏内に滞在し、学校に通い、医療を受け、就業することもできる超特別待遇を受けられるという。アフリカ難民よりシリア難民。シリア難民よりウクライナ難民と、待遇の差は明らかだ。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

ワールド

ロシア、ノルウェーに報復警告 「北極圏の集落に物資

ビジネス

NY連銀、社債市場の窮迫度示す指数を毎月公表 価格

ビジネス

仮想通貨ヘッジファンドのスリーアローズ、清算手続き

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中