注目のキーワード

コラム

アメリカで「でっち上げ陰謀論」が流行ったことの意味

2022年03月02日(水)14時10分

1ドル紙幣(写真)に建国時の陰謀を読み解こうとしたり、アメリカは陰謀論に事欠かない Dmytro Synelnychenko/iStock.

<若者が遊びででっち上げた陰謀論を多くの人が真に受けるほど、人は信じ込みやすい。特にアメリカでは陰謀論が大はやりだが、放置していると世界にも重大な影響をおよぼしかねない>

A:鳥はね、鳥じゃない。かつてアメリカにいた120億羽の鳥は、軍用機からばら撒かれた生物兵器で殺された。そのあと、鳥型のドローンが各地に配置され、内蔵カメラで国民を監視しているのだ。本物の鳥はもういなくて、「鳥」は全部ウソ。本当だよ......。

B:なんですって!?カラスもスズメもカモメも?

A:全部ニセモノ。政府の仕掛けたドローンなんだ。

B:今、あそこの電線に止まっている鳩も?

A:ドローンだよ。電線に止まっているのは充電中なんだ。だって、鳩のひな鳥とか見たことないだろ?

B:うーん、それはないけど......。じゃあ鳥のふんは何ですか?

A:油漏れ。

B:ほう。でも、インコを飼っている友達もいますよ?

A:あれが一番怪しい!家の中にいるペットが人間の言語を話せるって都合良すぎない?話しかけちゃだめだよ。全部録音されているから。

B:なるほど。では、お昼に食べた焼き鳥は?

A:それも偽物。ワニとかカエルとかいろいろな肉は「チキンの味がする」というだろう?それも偶然じゃないからな。

B:ふ~ん。でも、野鳥保護組織「ナショナル・オーデュボン協会」も「鳥は実在する」と断言していますよ。

A:政府の共犯だからそう言うに決まっている! 鳥のウソにお前もトリ憑かれてるじゃん!

「鳥はニセモノ」説は実在する

陰謀論を信じる人と会話をすると、だいたいこんなやり取りになる。一部だけの情報を拾い、巧みに反論をかわし、専門家から否定されたときは「その道の権威が言うからこそ怪しい」というスタンスをとる。つまり、論破されようがない完璧な防御態勢になる。

明らかに100%でたらめの陰謀論をどこまで広められるか。そんな無謀な挑戦に出たのはピーター・マッキンドーというアメリカ人の青年だ。

ニューヨーク・タイムズによると、ことの発端は2017年1月。トランプ大統領(当時)の就任直後に、米南部メンフィス市で女性の権利向上を訴えるウィメンズ・マーチの行進と、トランプ支持者のデモが同時に行われていた。当時18歳のピーターはその衝突を見て、突然動き出した。「鳥はウソだ!」とポスターの裏側に書き、それを掲げつつ街を歩きながら、思いつきのばかばかしい陰謀論を熱弁し始めた。

お遊びだけのつもりだったピーターだが、その姿を第三者が撮影してSNSに載せるとすぐさまバズり出した。「鳥はウソだ」という落書きが街に現れたり、学校の黒板や掲示板に書かれたり、シールもあちこちに貼られたりし始めた。その勢いを受け、ピーターは友達と一緒にそれっぽい「ムーブメントの歴史」を作り上げ、既存の陰謀説とリンクさせて、偽資料や証拠をでっちあげることに励んだ。そして複数の町で集会を開いたり、デモ行進を扇動したり、地元メディアの取材に答えたりして、完全にその陰謀論者になりきることにしたという。

まあ、なりきっていることを話している時点で既になりきっていないけどね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米イラン間接協議、進展なく終了=EU主席調整官

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、FRB議長がタカ派発言 ユ

ワールド

パリ同時攻撃、生存の実行犯に完全終身刑

ワールド

NATO、ロを「直接の脅威」と明記 新戦略概念で中

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中