注目のキーワード

コラム

「生娘」発言はアウトだけど、ツッコミ不在の社会も危険だ(パックン)

2022年04月23日(土)17時00分

不適切発言で大手牛丼チェーンの常務は解任された Mirko Kuzmanovic/iStock.

<許されざる「生娘」発言の問題点を漫才にしてみました。でも実社会ではツッコミ役が不在なので、過剰な「言葉ポリス」は慎みたいところです>

社会人向けセミナーで差別的な表現を発してしまった、大手牛丼チェーンの常務が袋叩きにされたね。セミナーを主催する大学も、勤務先の企業も謝罪し、常務は解任された

今の日本では決して許されるような発言ではなかった。僕もテレビで時代にそぐわない、性差別にもつながり得る発言として批判もした。だが、非公開の場で40人ぐらいを前にした話がここまでの騒動を起こすことに僕は驚いている。一般人より高い倫理観を求められる公務員の懲戒基準を見ると、免職は放火、殺人、死亡事故などのような大罪の場合に科される、とっても重い罰則だ。

解任された常務は、有名な企業や大学の名を背負っているとはいえ、公務員でも、ニュースキャスターでもないし、政治家でもない。ましてやダイバーシティを目標とする東京五輪の組織委員会の会長じゃない(あの時の大騒ぎは妥当だった気がする)。許されない発言とはいえ、今回の社会的制裁は果たして適切だっただろうか。

漫才にしたらどうなる?

元常務はおそらく挑発的な言葉遣いで場を盛り上げようとしたと推測される。教室では笑いが起こっていたという報道もある。しかし、本人は自分と受講生の間に常識や価値観の齟齬があったことに気付いていなかったようだ。つまり、(知識、意識、教養、気遣いなどが足りなかったとはいえ)確信犯ではなかったかもしれない。事件ではなく、事故だったかもしれない。

芸人として、そうした落とし穴は常に意識している。僕もウケを狙い、決してテレビで見せない「黒パックン」を舞台で演じて「観客の常識」とのギャップをもてあそぶこともある。一線を超えることもあるが、その時に便利、というかその時にだけ便利なのは相方のマックン。彼がツッコミを入れて、ギリギリアウトの発言をその場で訂正してくれるおかげで「問題発言」もネタとして成立するのだ。

もしかしたら、常務もボケたつもりだったが、ツッコミがいないため、受講生が真に受けてしまった可能性もある。隣にツッコミがいれば成り立ったかもしれない。

ここで、そんな妄想に基づいた漫才を見ていただこう! まず、忘年会の余興のような感じで、(元)常務は会社の同僚とコンビを組んで......

常務: ジョームです!
専務: センムです! 2人合わせて
2人: 「ヨシギュー」で~す!

と、元気よく教室に登場する。コンビ名を名乗るときは、昔のキャイーンさんのようにポーズを決める(僕は古い芸人だから、こんなイメージになる)。そして漫才が始まる:

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府、鉄鋼製品の緊急輸入制限を2年延長

ワールド

世界のロシア向け半導体輸出、同盟国との規制で9割減

ワールド

ロシア大統領、NATOが北欧2国に軍備なら「相応の

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 7

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 8

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中