最新記事

ジェンダー差別

医学部入試で、女子の点数の不正操作はなくなったのか

2022年4月20日(水)10時40分
舞田敏彦(教育社会学者)
女性医師

日本では女性医師の割合が2割程度にとどまっている Anchly/iStock.

<問題が発覚した2018年以降、女子の医学部合格率は国立、私立ともに大幅に改善された>

毎年公表されるジェンダーギャップ指数で「無様」な位置にある日本だが、特に酷いのは政治分野だ。2021年のデータだと156カ国中147位。言わずもがな、国会議員等の政治家の女性比率が低いためだ。

女性比率が低いのは政治家だけではない。高度専門職もそうで、例えば2019年の医師の女性比率は21.8%でしかない(OECD「Health at a Glance 2021」)。他国はというと、アメリカは37.0%、イギリスは48.6%、スウェーデンは49.6%とほぼ半数だ。OECD加盟国の数値を出すと、37カ国14カ国で医師の女性比率は50%を超えている。日本の状況は特異だ。

これがなぜかについては、女子が医師などを志すと周囲から止められる、理系の進路に進むと変わり者扱いされる、そもそも女性医師のモデルを目にする機会がない......。こういうことがよく言われるが、こうした社会の風潮とは別の可能性も出てきている。医学部入試での不正だ。

2018年、某私立大学医学部入試で女子の点数を操作していた不正が発覚した。女性医師は職場定着率が低い、できるだけ男子をとりたい。こういう思惑だろうが、医師を志す女子の努力をあざ笑うもので断じて許されない。

それ以降、あからさまな不正はできなくなっているはずだが、医学部入試の合格率の性差はどう変わったか。文科省の『学校基本調査』に、大学の医学専攻の入学志願者(延べ数)と、実際の入学者の数が出ている。後者を前者で割れば、合格率の近似値になるだろう。<表1>は、データがとれる2015年から2021年までの推移を跡付けたものだ。

data0420-chart01.png

一番下の入学者率をみると、不正が発覚する2018年までは「男子>女子」だったが、翌年には反転し、女子の合格率が男子より高い傾向が現在まで続いている。

個々の大学で見ても、合格率の性差は変わっている。80大学の医学医学科の入試合格率を見ると、女子が男子を上回る大学は2013~18年度(平均値)では17大学だったが、2021年度では47大学と半数を超えている(文科省の『医学部医学科の入学者選抜における公正確保に係る調査』)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理

ビジネス

ロシア事業手掛ける欧州の銀行は多くのリスクに直面=

ビジネス

ECB、利下げの必要性でコンセンサス高まる=伊中銀

ビジネス

G7、ロシア凍結資産活用は首脳会議で判断 中国の過
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 7

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 10

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 7

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 8

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中