コラム

「アベノミクス」の限界はこうやって超えよう(パックン)

2022年06月18日(土)16時40分

来年4月の任期満了までに黒田総裁は経済再生のメドをつけられるか(20年1月の記者会見) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<岸田政権も継承したアベノミクスでは賃金上昇は見込めないし、悪いインフレも押し寄せている...ので「ビーム」の発射をおススメします>

「6月14日生まれ」と言ったら......ドナルド・トランプにチェ・ゲバラ、川端康成そして......アベノミクスだ! 当時の安倍政権が発表してから丸9年が経ち、その後2回首相が変わったが、経済政策に大きな変化はない。では誕生日を機に「アベスガキシダノミクス」の成果を見てみよう。

2013年当時に比べて、求人倍率は上がっているし、デフレ脱却はできているし、数字で見ると日本が元気になっていると感じる。だが、実質賃金は上がっていないし、目標の2%の物価上昇率もまともに達成できていない。(今年4月の消費者物価指数は確かに2%上昇しているが、同期の企業物価指数は10%も上がっている。この差は仕入れ値の上昇を企業努力で吸収し、商品の値段の急上昇を抑えているためだ。だが、その分賃金を上げる余裕がなく、不健全なインフレと思われる)。

異次元の金融緩和を9年間も続けても賃金とインフレの目標が達成できていないのは、いったいなぜなのか?

たしかに企業は元気になるが...

ここで難しい用語と複雑な理論を使うとなかなか聞いてもらえないから、シンプルに説明しよう。そのため、少し例え話をさせてください......。

株式会社パックン社が苦しんでいる! グローバル化のなか、海外企業との競争に苦戦し、主力商品の売り上げが下がっている。数年前から社員の給料も据え置きになり、工場で働くマックン達もつらい。誰か、助けて~!

そこに、日本を代表するヒーローが登場! アベノミクスマン(別称:日銀総裁)だ! アベノミクスマンは企業の強い味方。日銀から銀行へ、銀行から企業へとお金が回る特殊能力「金融緩和ビーム」(別称:黒田バズーカ)を行使し、パックン社にも低金利の融資が入るようになる。

パックン社長はそれで新しい工場を作り、最新の製造機械と制御システムも導入した。さらに、オンライン広告も出し、ホームページを作り直した。そしてイメージキャラクターに人気お笑い芸人も起用した。もちろん、それは......パペットマペットさん!

すると、広告の効果で認知度が高まったおかげでもあるが、何より、設備投資のおかげで製造コストを減らし、商品の価格設定も下げられた。それで売り上げが上がり、V字回復ができた! パックン社長も株主のみなさんも大喜び。

工場で働くマックンも大喜び。パペットマペットが大好きだから! 給料は上がらないけど......。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&P続落、アップルが安い FRB議

ワールド

中国、35年までに核弾頭1500発備蓄の可能性=米

ワールド

米共和党下院トップ、トランプ氏の白人至上主義者との

ワールド

EU、ロシア産原油価格上限巡り週内合意に向け前進=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    名画を攻撃する環境活動家の行動は、「無意味」だが…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中