コラム

パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

2016年03月11日(金)15時30分

11月の本選でトランプが勝利して大統領になる可能性は、完全には否定できない Chris Keane-REUTERS

【前編】はこちら

 トランプ人気は否めない。しかし、予備選で通じている手段は本選挙では通じないはず。

 例えば、経済的な不満を持つ人々の怒りの矛先を移民に向ける作戦。今は効いているが、本選挙ではヒスパニック系の有権者が勝利の鍵を握る。職業政治家へのバッシングも今は威力を発揮しているが、本選挙では大統領選と同時に議員選挙も行われる。同じ投票用紙に、同じ共和党の職業政治家の名前がいっぱい載っている。各選挙区の有識者を敵に回すと苦戦するはず。唯一、本選挙でも有効なのは髪型の面白さぐらい。あれだけはいつでも効く。

 つまり、物事が普通に進めば、トランプが大統領になるはずはない。しかし、トランプがこんなに躍進するとは誰もが予想していなかったのだから、これから11月までの間に大きな情勢変化が起きる可能性も完全には否定できない。であるなら、その最悪な状況を想定しておかなくてはならないだろう。ということで、トランプが勝つシナリオを3つにまとめてみた。 

 その一:大型テロ攻撃や経済崩壊

 9・11またはリーマンショックのような緊急事態が起きてしまったら、オバマ政権の失敗と見なされ、安全保障も経済も民主党に任せられないという風潮が高まる。具体策を発表していなくても強いリーダーになると信じられ、トランプが選ばれるかもしれない。トランプ大統領の誕生は二次災害だ。

【参考記事】#ネバートランプ! 共和党主流派の遅過ぎた?逆襲

 その二:ヒラリー クリントンの新たなスキャンダルや大病

 どの候補でも、選挙前に不祥事が発覚したり、急病になった場合には、票は集まらないはずだ。しかも「信用できない」というイメージが深く根付いているクリントンにとって、そのダメージはもっと大きくなるだろう。以前から「本当は脳梗塞で2度倒れた」とか、「大病を抱えているのにすべて隠している」といううわさが流れている。クリントン側は、健康診断を担当した医師の報告をもって無根拠なうわさを否定してはいる。否定すればするほど怪しいけどね、信用できないと思われている人はなおさら・・・。

 ちなみに、トランプの担当医からも報告が出ているが、それによるとトランプ氏の健康状態はastonishingly excellent(驚異的にすごい)らしい。さらに「当選したら史上最も健康な大統領になる」と推す。診断中にトランプの誇張病が先生に感染したみたい。

 その三:宇宙人によるアメリカ人の脳崩壊

 宇宙人が地球に来て、アメリカ人の脳みそを吸い取ったり腐らせたりして、国民の過半数が理性を失えば理不尽な選挙結果になり得る・・・おっと、もしかしたら、宇宙人ってトランプのこと? もう始まっている? ノォォ~~~!

 きっとない。トランプ大統領という悪夢はきっと実現しない。でも、万が一にでも、トランプが大統領になった場合、日本の皆さん、お願いします。国籍ください!

 亡命でも、難民申請でも何でもします! 毎日お味噌汁飲みます!

 トランプ大統領のアメリカにだけは、住まわせないでください!!

 あとカナダにもね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

マイナス金利深掘りは慎重な検討を、収益に大きな影響

ビジネス

午後3時のドルは110円付近、FOMC待ちでこう着

ワールド

中国「台湾巡る共謀に対応」、軍用機の台湾防空識別圏

ビジネス

東京五輪、安全・安心な大会実現し多様なレガシーを創

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 2

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中