コラム

パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

2016年03月11日(金)15時30分
パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

11月の本選でトランプが勝利して大統領になる可能性は、完全には否定できない Chris Keane-REUTERS

【前編】はこちら

 トランプ人気は否めない。しかし、予備選で通じている手段は本選挙では通じないはず。

 例えば、経済的な不満を持つ人々の怒りの矛先を移民に向ける作戦。今は効いているが、本選挙ではヒスパニック系の有権者が勝利の鍵を握る。職業政治家へのバッシングも今は威力を発揮しているが、本選挙では大統領選と同時に議員選挙も行われる。同じ投票用紙に、同じ共和党の職業政治家の名前がいっぱい載っている。各選挙区の有識者を敵に回すと苦戦するはず。唯一、本選挙でも有効なのは髪型の面白さぐらい。あれだけはいつでも効く。

 つまり、物事が普通に進めば、トランプが大統領になるはずはない。しかし、トランプがこんなに躍進するとは誰もが予想していなかったのだから、これから11月までの間に大きな情勢変化が起きる可能性も完全には否定できない。であるなら、その最悪な状況を想定しておかなくてはならないだろう。ということで、トランプが勝つシナリオを3つにまとめてみた。 

 その一:大型テロ攻撃や経済崩壊

 9・11またはリーマンショックのような緊急事態が起きてしまったら、オバマ政権の失敗と見なされ、安全保障も経済も民主党に任せられないという風潮が高まる。具体策を発表していなくても強いリーダーになると信じられ、トランプが選ばれるかもしれない。トランプ大統領の誕生は二次災害だ。

【参考記事】#ネバートランプ! 共和党主流派の遅過ぎた?逆襲

 その二:ヒラリー クリントンの新たなスキャンダルや大病

 どの候補でも、選挙前に不祥事が発覚したり、急病になった場合には、票は集まらないはずだ。しかも「信用できない」というイメージが深く根付いているクリントンにとって、そのダメージはもっと大きくなるだろう。以前から「本当は脳梗塞で2度倒れた」とか、「大病を抱えているのにすべて隠している」といううわさが流れている。クリントン側は、健康診断を担当した医師の報告をもって無根拠なうわさを否定してはいる。否定すればするほど怪しいけどね、信用できないと思われている人はなおさら・・・。

 ちなみに、トランプの担当医からも報告が出ているが、それによるとトランプ氏の健康状態はastonishingly excellent(驚異的にすごい)らしい。さらに「当選したら史上最も健康な大統領になる」と推す。診断中にトランプの誇張病が先生に感染したみたい。

 その三:宇宙人によるアメリカ人の脳崩壊

 宇宙人が地球に来て、アメリカ人の脳みそを吸い取ったり腐らせたりして、国民の過半数が理性を失えば理不尽な選挙結果になり得る・・・おっと、もしかしたら、宇宙人ってトランプのこと? もう始まっている? ノォォ~~~!

 きっとない。トランプ大統領という悪夢はきっと実現しない。でも、万が一にでも、トランプが大統領になった場合、日本の皆さん、お願いします。国籍ください!

 亡命でも、難民申請でも何でもします! 毎日お味噌汁飲みます!

 トランプ大統領のアメリカにだけは、住まわせないでください!!

 あとカナダにもね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!