コラム

パックンが斬る、トランプ現象の行方【前編、人気の理由】

2016年03月10日(木)15時00分
パックンが斬る、トランプ現象の行方【前編、人気の理由】

常に「カツラ疑惑」が向けられる不自然すぎる髪型もトランプ人気の理由の一つ Brendan McDermid-REUTERS

 派翠克。 「パトリック」を中国語で書くとこうなるらしい。あまりピンとこないね。「鳩°陸」にしようかな。「ハーラン」は「波ー乱」でいっか・・・。

 なんで名前を漢字で書こうとしているかというと、初めて日本に帰化することを真剣に考えてるからだ。そのきっかけを作ってくれたのはもちろん、あのドナルド・トランプにほかならない。

 共和党の大統領候補を決める予備選挙や党員集会で次々と勝ち続け、最初は大穴だったトランプは今、大本命となっている。本選挙で勝つとは思わないが、万が一に備えて、とりあえず避難先を考えておかないとね。

 そう考えているのは僕だけではないらしい。カナダのケープ・ブレトン島が「トランプが大統領となるアメリカに住みたくないなら、どうぞこちらに移住を」という広告で移住者を募集したら、問い合わせが殺到。対応に困った島の観光当局は、電話受付の人数を5倍に増やしたらしい。それでも5人だけどね。

 でも、トランプ当選を悲観してアメリカ人がカナダに引っ越すぐらいだから相当な事態だ。

  トランプには政治経験がない。具体的な政策はない。共和党の有力者に支持されてもいない。彼を支持している主な政治家はプーチンぐらいだ。さらに、暴言三昧で、女性も外国も移民もアメリカの英雄さえも、けなしまくっている。

 しかも言動の矛盾が多い:
―低所得者の味方だというけど、本人はボンボン育ちの大富豪。
―やり手のビジネスマンだというけど、会社を4度破産させている。
―移民反対だというけど、母が移民であった。そして父方の祖父も移民。
―結婚した女性3人の中で2人が移民。

 こんな人物が2大政党の一つの候補になるのか?!どうやら、なりそうだ。ひぃぃぃ~~!

【参考記事】#ネバートランプ! 共和党主流派の遅過ぎた?逆襲

 ここでみんなの疑問に答えよう。そもそもトランプ人気の理由はなんだろうか。

「選挙区の改定」「国民の人種構造の変化」「メディアの両極化と視聴者の自己仕分け」といったファクターが考えられる。全部取り上げてもコラムのギャラは変わらないから、とりあえず大きな3つに絞ってみよう。

 その一:中流階級が持つ、賃金停滞や貧富の差に対する不満

 日本のメディアでもよく指摘されているが、経済が成長しているはずなのに、アメリカ人の平均実質賃金はこの40年上がっていない。さらに、資産が上位に集中している。人口の上位0.1%の超金持ちが、下位90%と同じぐらいの資産を持っている。簡単に言えば、一家族が1億3000万人もの人々の合計より多い資産を握っているということだ。 この数字は自称社会主義者のバーニー・サンダース候補がスピーチなどでよく述べている。資産の再分配を約束する彼だからこその発言。しかし、その厳しい経済状況への怒りは、サンダースの支持者のみならず、トランプ支持者の間にも走っている。トランプは上位0.0001%の人なのにね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル大学の研究

  • 4

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 10

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!