コラム

大江千里が料理本を発売! ニューヨーク発の「大江屋レシピ」46皿がこんなにも極上な訳

2022年11月28日(月)19時00分

11月28日発売の新著『ブルックリンでソロめし!』を手に持つ大江千里 Senri Oe

<コロナとインフレが直撃したニューヨーク・ブルックリンで、自宅でのソロメシを極めた大江千里。毎回が「最後の晩餐」だと思うと、食の意味が変わってくる>

アメリカはポストコロナにインフレが直撃。こんな大変な時代に「食」はまさに基本中の基本と言える。

僕は外食も結構していたのだが、コロナ以後は熟練のサーバーが解雇されてホスピタリティーがガタ落ちのレストランが急増して辟易した。スープを運んできてもスプーンを忘れる。食事どころかまだビールも飲んでいないのに、先にトータルの請求書が目の前に置かれる。個人主義のアメリカだけにやりたい放題だ。

そういう背景も手伝って、自然とブルックリンで家メシする機会が増えた。節約できるし健康にもいいし、何よりおいしいものを食べられたとき、心がほっこりする。

僕の料理は基本、簡単でシンプルなものが多い。既製のレシピは見ない。舌がお子ちゃまなので、カレーやパスタ、オムライス、焼き飯などが頻繁に登場するが、こう見えて一応健康には気を付け、野菜メインに時々プロテインを挟む。

何軒か行きつけのスーパーがあり、親しい店員さんとのやりとりで買うものを決める。物価高騰で愛犬「ぴ」の大好物の日本風キュウリが5本で7ドル、さすがにしばらく買えなかった。

肉も野菜もパックの中に傷みかけが必ず交じっているので、ちゃんと中身を確かめてから買う。卵はだいたい50%の確率で割れている。

オクラはインド人のスーパーでの量り売りがいい。パックで売っているシイタケは7ドルするが、量り売りだと肉厚のものを10個買っても4ドルだ。面白いのは、レジで毎回アフリカ系の若い男の子が「このマッシュルーム、なんて名前だっけ? えーと」。

もう慣れっこになっているので僕が「シイタッケ」と言う。すると「そうそうそう、シイタッケ!」と大声で他のレジへ伝える。あちこちから「シーシー(そうだそうだ、というスペイン語)、シイタッケシイタッケ」と言うガールズの声。毎回これなので、シイタケを買うときはボケて突っ込む覚悟が必要だ。

食は十人十色、満足は千差万別

冬が近づくと肉料理が増える。先日、ゆで卵を入れたターキーミートローフ作りに大成功したので、作り置きした。その数日間は楽しかった。YouTubeで人気の「大家族フォーサイス家」のマミーが「速くたくさん作らないかんけぇ、時短なんよ時短」とタネをこねるのを見て、おいしそうだなとトライしたのだ。

どこかで食べた舌の記憶や、誰かから聞いたうろ覚えの記憶を元にゼロから始めるクッキングなので仕上がりは自分流だが、不思議に味はいつもそれなりにおいしい。「これが最後の晩餐、自分という1人の客の最後の夜を喜ばせるため全身全霊をかけて作る一品」をイメージして作ったものばかりだからかもしれない。

この「最後の晩餐」の記録が本になる。題して『ブルックリンでソロめし!美味しい!カンタン!驚き!の大江屋レシピから46皿のラブ&ピース』(KADOKAWA、11月28日刊)。食は十人十色、満足は千差万別。失敗を繰り返し、首をかしげながらも毎回ハッピーに着地するレシピが並ぶ。食べることは根源的でシンプルで深い。

1人の自分を喜ばせるための大江屋レシピが46皿。書き下ろし食エッセイも含めギュッと詰め込んだ料理本だ。コロナ禍のアメリカでの僕のサバイバル備忘録でもある。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

〔情報BOX〕パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

再送-米景気後退の可能性低下、労働市場好調で=ミネ

ビジネス

力強い米雇用統計、一段の利上げの必要示す=FRB議

ワールド

トルコの地中海沿岸で港湾火災、操業停止 地震の影響

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中