コラム

PCR検査も抗体検査も無料――大江千里氏がつづるニューヨークの「新しい日常」

2020年08月28日(金)16時50分
PCR検査も抗体検査も無料――大江千里氏がつづるニューヨークの「新しい日常」

検査会場のバスケットコートがある体育館。手書きで書かれた「EXIT(出口)」がなんともラフ SENRI OE

<ニューヨーク在住の大江千里氏が新型コロナの抗体検査を受けた。ネットで予約して「30分後」から受けられる手軽さで、もちろん無料。さて、検査結果は――?>

「抗体検査がタダです」――ニューヨーク市保健局からメッセージが届き、自宅に籠もっている間に何度か喉や肺に痛みを覚えたので受けることにした。予約時間をクリックすると、「今から30分後?」と。さすがにそれは無理なので、翌日の昼12時30分に予約した。

ニューヨークの街は随分開いてきたけれど、人の心は開かない。レストランのテラス席にも人はまばらだ。見えない敵と戦ったあの真っ暗なトンネルの中へ戻りたくない。誰もがそう思っているはずだ。

尋常じゃない数の救急車が行き交うのを、息を潜めて見守った日々。地下鉄にはホームレスが増えた。バスは運転手の感染防止のため、前方部分が分厚いビニールと鎖で塞がれている。後ろ半分に乗るので緊張感がある。道行く人のほとんどはマスクを着けているが、若者を筆頭に外し始めた人も。スーパーのレジ付近などは、距離を取らずに急ぐ人も多い。

新型コロナウイルスのエピセンターとなったニューヨークは、感染者数も死者の数もうなぎ上りだった。外に出るにも緊張の日々が続いた。これまでの人生で、4カ月家にいたことなどない。夢中で練習や作曲をしてSNSにアップし、掃除から料理までありとあらゆることをやった。

だから今、レストランの屋外席での食事が夢のようだ。ただ、風の流れによっては危険を感じるときもある。あれだけマスクを嫌がっていたアメリカは、今やおしゃれマスクに身を包むマスク大国へ大変身だ。

抗体検査の結果は......

翌日、早く起きたので早々に検査会場へと家を出た。雨が降りそうな空を見上げてくてく歩くとあっという間に到着。少し早いが中をのぞくと、「検査でしょ?」と全身防護服の黒人の女の子に検温された。言われたとおりに進むとソーシャルディスタンシングを保ちながら並ぶ列がある。

焦って近づくと「ダメよ」と言われ、他の人が近づくと、今度は僕が「ダメダメ」と言う。嫌な感じは全くなく、つい近づいてしまう自分たちを突っ込み合いつつ安全を保とうとする。黒人の若いバイトの男の子も防護服姿で、「これ読んでウェブサイトを見れば数日で結果が出るよ」と教えてくれる。

「この後はずっと右折」。人が対面せぬよう右折を繰り返し、たどり着いた先はバスケットコートだった。あ、ここは小学校なんだ。「あなたは一番左ね」「IDを見せて。どっちの手?」結構血を取られたがあっけなく終了。ガーゼを患部に貼って「いい一日を」と送り出される。

外に出るとポツポツ雨が降り始めていたが心は晴れやかだった。この街ではPCR検査も無料だ。国民に対する現金給付も中小企業支援の「給与保護プログラム(PPP)」も個人失業保険も、税金をきちんと納めている市民に届く仕組みになっている。この国は、市民を徹底して守っている。

2日ほどで結果は出た。陰性。まずはホッとしつつ、不謹慎にもどこかでほんの少し落胆する。ニューノーマルの距離感をまとった日々がゆっくり動き始めたことを、痛切に感じる。そんな体験だった。

<2020年8月25日号掲載>

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『ブルックリンでジャズを耕す――52 歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

ニュース速報

ワールド

日米首脳会談、台湾海峡の平和と安定の重要性で一致と

ワールド

バイデン氏「日米が中国への対抗で協力」、菅首相と首

ビジネス

米ダウ・S&P最高値更新、底堅い指標や企業決算で

ビジネス

ドル4週ぶり安値、米債利回り低下基調で=NY外為

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    エヴァと私の26年

  • 4

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 7

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

  • 10

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中