コラム

PCR検査も抗体検査も無料――大江千里氏がつづるニューヨークの「新しい日常」

2020年08月28日(金)16時50分
PCR検査も抗体検査も無料――大江千里氏がつづるニューヨークの「新しい日常」

検査会場のバスケットコートがある体育館。手書きで書かれた「EXIT(出口)」がなんともラフ SENRI OE

<ニューヨーク在住の大江千里氏が新型コロナの抗体検査を受けた。ネットで予約して「30分後」から受けられる手軽さで、もちろん無料。さて、検査結果は――?>

「抗体検査がタダです」――ニューヨーク市保健局からメッセージが届き、自宅に籠もっている間に何度か喉や肺に痛みを覚えたので受けることにした。予約時間をクリックすると、「今から30分後?」と。さすがにそれは無理なので、翌日の昼12時30分に予約した。

ニューヨークの街は随分開いてきたけれど、人の心は開かない。レストランのテラス席にも人はまばらだ。見えない敵と戦ったあの真っ暗なトンネルの中へ戻りたくない。誰もがそう思っているはずだ。

尋常じゃない数の救急車が行き交うのを、息を潜めて見守った日々。地下鉄にはホームレスが増えた。バスは運転手の感染防止のため、前方部分が分厚いビニールと鎖で塞がれている。後ろ半分に乗るので緊張感がある。道行く人のほとんどはマスクを着けているが、若者を筆頭に外し始めた人も。スーパーのレジ付近などは、距離を取らずに急ぐ人も多い。

新型コロナウイルスのエピセンターとなったニューヨークは、感染者数も死者の数もうなぎ上りだった。外に出るにも緊張の日々が続いた。これまでの人生で、4カ月家にいたことなどない。夢中で練習や作曲をしてSNSにアップし、掃除から料理までありとあらゆることをやった。

だから今、レストランの屋外席での食事が夢のようだ。ただ、風の流れによっては危険を感じるときもある。あれだけマスクを嫌がっていたアメリカは、今やおしゃれマスクに身を包むマスク大国へ大変身だ。

抗体検査の結果は......

翌日、早く起きたので早々に検査会場へと家を出た。雨が降りそうな空を見上げてくてく歩くとあっという間に到着。少し早いが中をのぞくと、「検査でしょ?」と全身防護服の黒人の女の子に検温された。言われたとおりに進むとソーシャルディスタンシングを保ちながら並ぶ列がある。

焦って近づくと「ダメよ」と言われ、他の人が近づくと、今度は僕が「ダメダメ」と言う。嫌な感じは全くなく、つい近づいてしまう自分たちを突っ込み合いつつ安全を保とうとする。黒人の若いバイトの男の子も防護服姿で、「これ読んでウェブサイトを見れば数日で結果が出るよ」と教えてくれる。

「この後はずっと右折」。人が対面せぬよう右折を繰り返し、たどり着いた先はバスケットコートだった。あ、ここは小学校なんだ。「あなたは一番左ね」「IDを見せて。どっちの手?」結構血を取られたがあっけなく終了。ガーゼを患部に貼って「いい一日を」と送り出される。

外に出るとポツポツ雨が降り始めていたが心は晴れやかだった。この街ではPCR検査も無料だ。国民に対する現金給付も中小企業支援の「給与保護プログラム(PPP)」も個人失業保険も、税金をきちんと納めている市民に届く仕組みになっている。この国は、市民を徹底して守っている。

2日ほどで結果は出た。陰性。まずはホッとしつつ、不謹慎にもどこかでほんの少し落胆する。ニューノーマルの距離感をまとった日々がゆっくり動き始めたことを、痛切に感じる。そんな体験だった。

<2020年8月25日号掲載>

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『ブルックリンでジャズを耕す――52 歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

ニュース速報

ワールド

石油・ガス市場に影響も、アルメニア・アゼルバイジャ

ワールド

CDC所長「コロナ終息程遠い」、トランプ大統領と見

ワールド

英外相、北朝鮮の非武装地帯視察へ 今週訪韓

ワールド

中国、開放政策の強化を引き続き推進=王毅外相

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 9

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!