コラム

トランプのCIA批判派封じは、陰謀論のQAnonが待つ「一大決戦(ストーム)」の始まりか?

2018年08月21日(火)15時00分
トランプのCIA批判派封じは、陰謀論のQAnonが待つ「一大決戦(ストーム)」の始まりか?

QAnonのロゴが付いたTシャツを着たトランプ支持者(8月2日、ペンシルバニア州で行われたトランプ集会で) Leah Millis-REUTERS

<トランプ批判の急先鋒だったブレナン元 CIA長官から権限を剥奪した露骨な批判封じは、トランプを救世主と崇める陰謀論集団QAnonを勢い付けている。この両者が手を結べば、荒唐無稽な陰謀論も現実になりかねない>

トランプ大統領による批判封じは、一部からの固い支持を確保する手段になりつつある。8月15日、ホワイトハウスはジョン・ブレナン中央情報局(CIA)元長官が機密情報にアクセスする権限を剥奪。反トランプの急先鋒ブレナン氏の排除は「異論を認めない」政権の体質を浮き彫りにするが、トランプ氏の熱心な支持者、とりわけ「腐ったエリート」にアメリカが支配されていると捉える陰謀論者の集団「QAnon(Qアノン)」にはアメリカ再生のための一歩として歓迎される。

<関連記事>トランプ政権を支える陰謀論「QAnon」とは何か

政権批判への報復

まず、機密情報にアクセスする権限の剥奪がもつ意味についてみていこう。

アメリカでは情報機関や司法機関の責任者は後任からの相談に応じられるよう、退任後も機密情報にアクセスする権限を認められてきた。トランプ大統領はオバマ政権のもとでCIA長官を務めたブレナン氏に「不安定な行為や行動がみられる」と説明し、アクセス権限剥奪の正当性を強調した。

しかし、アメリカの多くのメディアはこれを「報復」と捉えている。

ブレナン氏は昨年、いわゆるロシアゲート疑惑の捜査に「十分根拠がある」と発言。さらに、7月16日のプーチン大統領との会談でトランプ大統領がCIAの見解と正反対の「2016年選挙にロシア政府の関与はなかった」というプーチン氏の言い分を容認したことを「国家反逆罪にあたる」と糾弾した。

ロシア疑惑の追及を「魔女狩り」と非難してきたトランプ氏にとって、ブレナン氏が目障りだったことは間違いない。

そのうえ、トランプ大統領は機密情報アクセス権限の剥奪を、ブレナン氏以外にも適用する可能性を示唆している。そのなかには、トランプ氏を非難して解雇され、今年4月に発行された回顧録で大統領をマフィアのボスに例えたジェイムズ・コーミー連邦捜査局(FBI)前長官、メキシコ国境を越えてきた不法移民の親子を引き離す措置をナチスの強制収容所になぞらえて批判したマイケル・ヘイデン国家安全保障局(NSA)前長官などが含まれる。

反対派を封じる動きに対して、ブレナン氏はツイッターで「言論の自由を抑圧し、批判者を罰しようとする」なかでアクセス権限の剥奪が行われたと批判し、「情報機関関係者だけでなくアメリカ人全体にとって、意見を表明することに深刻な懸念をもたらす」と警告している。

QAnonからみた「真実」

ところが、トランプ氏を熱狂的に支持するQAnon 支持者にとって、「真実」は全く異なる。彼らによると、「ブレナン氏こそ裏切り者で、その排除は当たり前」となる。

QAnonとは、インターネット掲示板やSNSにトランプ支持の記事を掲載する正体不明の書き手「Q」を中心とする勢力だ。QAnon支持者の多くに共有される考え方を単純化していえば、以下のようになる。

プロフィール

六辻彰二

筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!