コラム

「転職で賃金増」の減少を、キャリアコンサルタントとして歓迎する理由

2019年02月08日(金)17時00分

大切なのは、「社外規範」「社内規範」への共鳴

その「もっと大切なもの」とは何か。

それは、人はどんな時に本気で働けるかということ。本気で働くとは、多少の困難が押し寄せようとも、本気で跳ね除け、その使命をやり遂げようと思える状態のことだ。

筆者は新卒でリクルートに入社し、その後転職をし起業をしても、ずっと「人と企業」に関わる仕事をしてきた。その中で見つけた、筆者なりの真理がある。

それは「社外規範」と「社内規範」への共鳴だ。

この2つに共鳴していれば、人は本気で働ける可能性が高い。共鳴していなければ、たぶん本気ではなく、お金のためや、単なる役割として仕事をこなすだけになるかもしれない。

先に、この2つの言葉を説明しよう。

「社外規範」とは、筆者の造語である。これは、会社がどんな価値を出して、世の中に存続し続けようとしているか、ということ。

どんな会社も、社会に対して価値を提供しているからこそ、対価を得ることができ、永続することができるのだ。もちろん、時代によって事業内容が変化したり、事業内容が増減することもあるだろう。社外規範とは、事業に対する会社のおおもとの考え方のようなものだ。

「社内規範」とは、その企業における理想とされる行動や考え方、つまり行動指針のようなものだ。分かりやすく言うと、どんな行動や考えが良いとされているのか、評価されるのか、ということだ。

これは、企業理念やビジネスモデル、マーケティング戦略などと密接に関係している。同じ業界でも、理念や競合との戦い方が違えば、社員に求められるものはまったく違う。

ファーストリテイリングの「社外規範」「社内規範」

例えば、筆者がかつて在籍したファーストリテイリングは、企業理念の冒頭にステートメントを明記している。「服を変え、世界を変え、常識を変えていく」(HPより)である。

社外規範はその下のミッション(Mission)に書かれており、「本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します」(HPより)とある。つまり、どんな価値を世の中に提供し続けて、自分たちが永続する覚悟なのか、それを明確に掲げているのだ。

そもそも、この志に共感し、共鳴できなければ、基幹社員として本気では働けないだろう。

ここで敢えて基幹社員という言葉を使ったのは、現在は、多様な価値観の人が社員になれるように地域正社員という制度もあるからだ。もちろん地域正社員も、世界を変えるところまでは携われないかもしれないが、共感・共鳴できるほうが、はるかに自分の仕事に誇りが持て、やり甲斐が増えるはずだ。

また、社内規範は価値観(Value)として、「お客様の立場に立脚」 「革新と挑戦」 「個の尊重、会社と個人の成長 」 「正しさへのこだわり」(全てHPより)が挙げられている。言葉としてはありきたりと思う読者もいるかもしれないが、これを本気で社員に求め続けているのだ。

プロフィール

松岡保昌

株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!