コラム

6歳の中国人の日本への難民申請を手伝ったら、炎上した

2018年08月20日(月)18時40分

異例のスピードで、難民申請の審査が通った

こうして路徳の子供は難民申請にチャレンジすることになった。日本語も英語もできない、6歳の子供とおばあちゃんでは大変だろうと、私も東京入国管理局に付き添った。

品川駅からバスで10分ほどの臨海部にあるが、いつも人でごった返している。東京の国際化が進み外国人人口が増えたにもかかわらず、入国管理局の施設は拡張されていないので、パンク状態なのだ。外国人対応に予算を割いても選挙で票は増えないため、政治の動きは鈍い。

各国が世界の高度人材を獲得しようと競争をくり広げているなかで、日本だけは対応できていない。本当に日本のことを考え国力を高めようと願っている政治家ならば、優秀な外国人の引き抜きに力を注ぐはずなのだが、目の前の一票ばかりが気になる小人物ばかりのようだ。

さて、入国管理局で難民認定を申し込んだ。

窓口の職員は面倒臭そうな態度で話を聞くと、「あなたは弁護士? 行政書士?」と尋ねてきて、「申請を受けても認可されないので」などと適当な理由をつけて追い返そうとしてくる。ともかく申請をさせてほしいと言っても相手にしない。しばらく押し問答を続けた後、私はそっと名刺を差し出し、自らの名前を名乗った。

すると、突然相手の態度が変わった。少し待ってほしいと一度オフィスに戻った。なにやら相談する声が聞こえる。戻ってくると、打って変わったように親切な態度に変わり、今まで見ようともしなかった資料に目を通し始める。私がこれまでにメディアに書いた記事のコピーを見ると、目の色が変わったのが分かった。

そこからはトントン拍子で話が進んだ。おそらくは異例のスピードで審査がなされ、7月18日には東京入国管理局の「難民調査部門」から待望の葉書が発送された。難民申請を受理するという内容だった(ただし、私の家に送ってもらうはずだったが、手違いで子供と義母の滞在先に送られたため時間がかかってしまった。入管を再訪して2人分の8000円を払い、正式に難民申請が受理された者に与えられる特定活動ビザが交付されたのは8月に入ってから。〔※2〕これには冷や冷やさせられた!)。

※2:「難民認定された」と誤って記載していたため、「難民申請が受理された者に与えられる特定活動ビザが交付された」に訂正しました(2018年8月21日17時)。なお、7月10日に難民申請が受理されたとツイートしていますが、その後追加資料が必要と言われ、正式に受理されたのは7月18日です。

今後、審査が始まるわけだが、その間子供は民主主義国・日本で安心して生活を送ることができる。中国の民主化を望む者であれ、あるいは民主化よりも政治の安定を優先する者であれ、およそ良心があるかぎり、6歳の子供が「売国奴の子」として迫害されれば胸を痛めるだろう。私も子供を持つ親として、1人の子供が辛い境遇から抜け出せたことを喜ばしく思う。

私がやったことといえば、入管に付き添い、通訳をし、代わりに交渉をしたぐらい。難民申請を認めたのは日本政府の判断だ。民主主義国として正しい判断を下した我が日本を誇りに思う。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

ウクライナのダム破壊、互いに非難応酬 原発冷却水に

ワールド

米国務長官、数週間中に訪中を計画=米当局者

ビジネス

世銀、23年の世界成長率予測を上方修正 24年は引

ビジネス

中国当局、国有銀にドル預金金利の上限引き下げ指示=

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 2

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙っている──元ロシア軍情報部門将校 

  • 3

    キャサリン妃が「ピンクのドレス」2着に込めた、「友人夫婦」とヨルダンへの敬意

  • 4

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 5

    元米駆逐艦長が「心臓が止まるかと」思ったほど危機…

  • 6

    嵐で破壊された米クルーズ船の乗客が撮影...浸水する…

  • 7

    「白米はよくない」? 健康と環境の両面で知ったこと…

  • 8

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定..…

  • 9

    自社株買いでストップ高!「日本株」の評価が変わり…

  • 10

    マーサ・スチュワート、水着姿で表紙を飾ったことを…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 3

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向け砲弾製造用途で

  • 4

    62歳の医師が「ラーメンのスープを最後まで飲み干す」…

  • 5

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 6

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 5

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 10

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story