コラム

託児費用の無償化を一気に拡大...「育児支援」改革で、英経済は救われるか?

2023年03月18日(土)19時06分
イギリスの子供たち(イメージ画像)

イメージ画像 OwenPrice-iStock

<パンデミックをきっかけに深刻化した労働力不足を解消する「職場復帰」予算を、英スナク政権が発表した>

[ロンドン]経済成長を生み出す要因は労働力、資本、全要素生産性(技術進歩や効率化など)の3つだ。欧州連合(EU)離脱でEUからの移民労働者が減り、英国への直接投資も2017~20年の平均で1980年代以来、最低水準に落ち込む。そこにコロナ危機以来の労働力不足が成長の足を引っ張る。労働市場は逼迫し、賃金を押し上げ、インフレを悪化させる。

英国のジェレミー・ハント財務相は3月15日、23年度の春季予算を発表した。人呼んで「職場復帰予算」。リシ・スナク英首相が掲げる5つの優先課題のうちインフレ率の半減、経済成長、債務削減の3つを実現する。コロナ危機で離職する人が増え、労働力不足を解消するため、無償育児支援枠の拡大や高齢者の職場復帰支援が盛り込まれた。

英国のインフレ率は昨年10月に過去40年で最も高い水準の11.1%に達したものの、今年末までに2.9%に下がると予算責任局(OBR)は予測する。英国経済は景気後退を回避し、今回の春季予算で中期的に国内総生産(GDP)が上昇する見通しという。しかしコロナ危機以来、学生を除く生産年齢人口(15~64歳)のうち670万人が経済的に非活動状態になっている。

低所得者向け社会保障給付(ユニバーサル・クレジット)の申請者は現在、590万人。ハント財務相は(1)長期疾病者と障害者(2)生活保護受給者と失業者(3)高齢者(4)親──の4グループに焦点を当てた職場復帰対策を発表した。春季予算で労働市場に参入する人が11万人増えると予測している。

「働きたいのはやまやまだが...」

コロナ危機で英国では50歳以上が最も多く労働市場から退出した。早期退職を選択した最大の理由は年金への課税だ。このため「生涯」非課税限度額を撤廃し、「年間」非課税限度額を4万ポンド(640万円)から6万ポンド(960万円)に引き上げた。公共医療サービス(NHS)の臨床医のような高技能労働者が早期退職しないようインセンティブをつけた。

イングランドだけでも「働きたいのはやまやまだが、仕事に出ると育児をする余裕がない」と3歳未満の子供を持つ親の43万5000人が離職している。現在3~4歳児を対象にした無償の育児支援枠を(1)来年4月以降、2歳児に週15時間(2)9月以降、生後9カ月~3歳児に週15時間(3)25年9月以降、生後9カ月~3歳児に週30時間──に拡大する。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

JPモルガンCEO、経済見通しに慎重姿勢維持 市場

ワールド

焦点:トランプ氏、「党団結」は程遠く 予備選連勝も

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、米インフレ統計など重要指標

ビジネス

米国株式市場=小幅安、経済指標に注目
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story