コラム

ミャンマー軍の兵器製造に、日本企業の精密機械...北朝鮮など制裁対象国の「抜け道」とは

2023年01月17日(火)19時01分
ミャンマーのクーデターへの抗議デモ

2021年のクーデターへの抗議活動を、軍は厳しく弾圧した(2021年2月) REUTERS/Stringer

<厳しい輸出管理が行われているはずのミャンマーで、ツガミ製精密自動旋盤など13カ国の企業の機械や部品が使われていることが判明>

[ロンドン]国連の元特別報告者らによる「ミャンマーのための特別諮問評議会(SAC-M)」が16日、少なくとも13カ国の企業の工作機械や部品がミャンマー国軍の兵器製造に使われていると報告した。ミャンマーに対する西側主導の制裁が実施されているにもかかわらず、米国、ドイツ、フランス、日本、韓国、台湾の製品や部品がリストに含まれていた。

『死のビシネス:ミャンマー国軍の兵器製造のサプライチェーン』と題したSAC-Mの報告書では、ミャンマーへのライセンス生産と技術移転が確認された企業が本社を置く国としてシンガポール、イスラエル、韓国、中国、ウクライナ。原材料の供給国として中国、シンガポール。部品の供給国としてインド、最終製品の供給国としてロシア、インドを列挙している。

機械・技術の供給国としてドイツ、日本、台湾、ウクライナ、米国、オーストリア、フランス、イスラエルを挙げる。日本企業は自動旋盤大手で精密工作機械製造・販売のツガミ(東京)で、兵器製造に使われていたのは最新の制御技術を用いたCNC精密自動旋盤のBO325-II。情報提供者はミャンマーの旧武装勢力メンバーで、SAC-Mに証拠写真があるという。

筆者がSAC-Mを通じて確認した3枚の写真(内部告発者を保護するため非公開)によると、2台のBO325-IIの奥に工作機械メーカーのTAKISAWA(岡山市、旧滝沢鉄工所)の連結小会社、台灣瀧澤科技股份有限公司のCNC旋盤、NEX-108とみられる3台が工場内に設置されていた。

ツガミ関係者は筆者の取材に「北朝鮮やミャンマーなどへの輸出管理は経済産業省の安全保障貿易管理に基づき、厳格に行っている。わが社の製品がミャンマーに輸出されることはあり得ない。ただ、昔の日本製工作機械はアジアでぐるぐる回っており、そこまで完璧に管理できないが、一般論として10~15年使えば工作機械は使用できなくなる」と語る。

安全保障輸出管理は冷戦下のココムより厳格

国際輸出管理レジームに参加するホワイト国では冷戦下の対共産圏輸出統制委員会(ココム)以上に厳しい管理を行っている。しかし悪意ある者が巧妙な抜け道を使って第三国経由で禁制品をミャンマーなどの制裁対象国に持ち込んでいたとしたら、「企業がいくら輸出管理に神経を尖らせたとしても100%防ぐのは難しい」とツガミ関係者は打ち明ける。

米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)の集計によると、昨年、北朝鮮が発射したミサイルは99発にのぼった。過去最も多かった年はドナルド・トランプ米大統領(当時)が北朝鮮に対し「炎と怒りに直面する」と警告を発した2017年の24発。昨年、金正恩朝鮮労働党総書記はそれより4倍以上も多いミサイルを発射していた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story