コラム

コロナワクチン接種、イギリスでは59歳の筆者にも回ってきた!その現実

2021年02月12日(金)10時24分
コロナワクチン接種、イギリスでは59歳の筆者にも回ってきた!その現実

筆者が打ってもらったアストラゼネカ製ワクチン Gareth Fuller/REUTERS

[ロンドン発]新型コロナウイルスの集団予防接種が進むイギリスで60歳の誕生日を迎えたばかりの妻と59歳の筆者にもワクチン接種の順番が予想以上に早く回ってきた。場所はかかりつけ医(GP)診療所。接種者は50~60歳代が中心で、すでに70歳以上の接種がほぼ終了していることを実感させられた。

kimuraface.jpg
新型コロナワクチンを接種してもらう筆者(妻が撮影)

同国では1回目のワクチン接種は1350万人に行われ、このうち2回目も終了したのは52万人。妻は10年前、乳がんで両乳房全摘・再建手術と抗がん治療を受けている。自宅が診療所まで徒歩3分と近いことから今月3日にキャンセルの穴を埋める緊急オファーが妻の携帯電話にテキストで送られてきた。

すぐに診療所に電話で10回近く折り返したもののずっと話し中で、ようやくつながった時には7人待ち。結局、この時はすぐに空きがなくなり、接種は受けられなかった。その代わり、夫婦一緒に接種してもらえるようお願いしておいた。9日にも妻の携帯電話が鳴ったが、すぐに出られなかった。

当日は朝から緊張、そわそわ

すると今度は筆者の携帯電話が鳴って「夫婦2人でコロナの予防接種を受けますか。受けるなら11日午後3時に診療所で」と打診があり、「イエス! ツゥー・イエス」と即答した。11日は朝からそわそわして落ち着かなかった。シャワーを浴びたり、ワクチンを接種しやすいよう2人でTシャツを着たり......。

副反応が出ても影響がないよう11日以降の予定は空けておいた。死者が11万5500人を超えるイギリスではリスクよりベネフィットの方が大きいと頭では分かっていても、やはり緊張は隠せない。スクリーニングとインフォームド・コンセント(説明と同意)は取材で聞いていたよりはるかに簡単だった。

接種は利き腕でない左腕にしてもらったが、注射が大の苦手な筆者には少し痛かった。妻や友人は「全然、痛くなかった」という。夫婦で射ってもらったのは、英オックスフォード大学と英製薬大手アストラゼネカが開発・製造したワクチンだった。

アストラゼネカ製ワクチンは高齢者への有効性が証明されていないとして欧州連合(EU)加盟国から次々と敬遠され、南アフリカからは同国内で蔓延する変異株の有効性が著しく低下するとして接種を中止された。イギリスでの接種間隔も12週間から「4~5週間に短縮される」(かかりつけ医)という。

アストラゼネカ製ワクチンはイギリス国内でだぶついているのだろうかと勘ぐらせた。接種したその日の個人的な印象は「インフルエンザワクチンと同じようなもの」だった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

中国スマホ出荷、3月は前年比67.7%増 コロナ前

ビジネス

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び

ビジネス

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150

ワールド

EU、中国のアルミ製品に暫定的な反ダンピング関税を

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中