コラム

ISISによる自殺攻撃の「産業化」進む バルセロナ暴走テロ

2017年08月18日(金)21時30分
ISISによる自殺攻撃の「産業化」進む バルセロナ暴走テロ

テロ現場となったバルセロナのランブラス通りで警戒にあたる武装警官 Sergio Perez-REUTERS

<ベルリン、ストックホルム、パリ、バルセロナ......ヨーロッパで相次ぐ「自殺テロ」は、ISISがシリアやイラクの支配地域を失っても、巧みなテロの量産は続くという研究の正しさを裏付けている>

[ロンドン発]スペイン第2の都市バルセロナで17日午後、白色フィアットが猛スピードで観光客の人混みに突っ込んで13人が死亡、100人以上が負傷した。この暴走テロと前後して、同時多発テロの計画を浮き彫りにする動きが連続したので、まず地図とタイムラインで全体像を把握しておこう。

spainmap.jpg

16日夕、バルセロナから南200キロメートルの小さな町アルカナーで民家が爆発。1人死亡。警察は「民家の住民は爆発装置を準備していた」と発言、遊歩道ラ・ランブラの暴走テロとの関連を指摘

17日午後4時50分、バルセロナのラ・ランブラで白色フィアットが暴走、少なくとも13人が死亡、100人以上が負傷。実行犯の運転手は現場から逃走

午後6時半、バルセロナの北80キロメートルの街ビクで逃走用とみられる車両を警察が発見

午後7時半、バルセロナ郊外の検問で車が警察官に突っ込む。車内で1人死亡しているのが見つかるが、スペイン内相は警察に射殺されたとの報道と車暴走テロとの関連を否定

18日午前1時、バルセロナ南部のリゾート、カンブリスで警察が2度目の車暴走テロを阻止するも、警察官1人を含む7人が負傷。ラ・ランブラの車暴走テロと関連するテロ容疑者5人を射殺

過激化のハブ

警察は暴走テロに関連してテロ容疑で男2人を逮捕し、フィアットを運転していた男の行方を追っている。犯行に使われたフィアットを借りていたのは20代後半のモロッコ系男性だが、「運転免許証を弟に盗まれた」と事件との関連を否定している。

イラクやシリアでの支配地域を60%失い、収入も80%減らした過激派組織IS(イスラム国)のアマーク通信は「攻撃を実行したのはISの戦士」との声明を発表した。スペインでは情報機関や治安当局に1000人以上のイスラム過激派がリストアップされ、実際に200人の行動が監視されていたという。

バルセロナでは2008年に地下鉄を狙った自爆テロ計画でパキスタン人とインド人計14人が逮捕され、32人の犠牲者を出したベルギーの自爆テロでも今年4月、8人が逮捕されている。「バルセロナはサラフィストの説教師による過激化のハブ」(ロンドンの過激化・政治暴力研究国際センター所長ピーター・ノーマン)との指摘もある。

同センター上級研究員チャーリー・ウィンターは今年3月、「自殺攻撃を産業化したIS」という論文を発表している。

米メリーランド大学のグローバル・テロリズム・データベースをもとに調べたところ、2011年には世界全体で毎月平均17件の自殺攻撃が発生。その数は13年に52件、15年までに76件に増えている。ISだけに注目すると自殺攻撃の割合は他の過激派グループに比べてさらに高くなる。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

香港キャセイ航空、5900人削減へ 近距離路線「ド

ワールド

米、ファーウェイ競合の5G機器購入するブラジル企業

ビジネス

米ネットフリックス、新規契約者数が予想下回る 株価

ワールド

UAE代表団がイスラエル訪問、ネタニヤフ氏「歴史つ

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 9

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 10

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!