コラム

勢いづく「メルクロン」vs 落ち目のメイ イギリスはEUを離脱できないかもしれない

2017年07月13日(木)14時31分

選挙に大勝し欧州を危機から救ったマクロンとメルケルは「メルクロン」と呼ばれている John MACDOUGALL-REUTERS

[ロンドン発]3月のオランダ総選挙、5月のフランス大統領選、6月のイギリス総選挙を経て、欧州の風景は一変した。9月のドイツ総選挙を待つまでもなく、欧州連合(EU)は純化の方向で動いていくのは間違いない。イギリスではハードブレグジット(単一市場と関税同盟からも離脱)路線を掲げていた首相テリーザ・メイがずっこけ、「本当にEUから離脱できるの?」という声まで上がり始めた。

独与党の支持率は急回復

欧州の政治は、指導者のパーソナリティーに大きく左右される。まず、ドイツの首相アンゲラ・メルケル、フランスの大統領エマニュエル・マクロン、そしてメイの順にそれぞれが置かれている状況を見てみよう。

【メルケル】7月7~8日ハンブルクで開かれた20カ国・地域(G 20)首脳会議(サミット)は、搾取、社会不安、格差、そして戦争と環境破壊に抗議する反グローバル主義者たちが暴徒化し、大荒れとなった。

保護主義を唱え、温暖化対策を進めるパリ協定からも離脱するアメリカの大統領ドナルド・トランプとの相性は最悪だ。「G19+1」と表現されるほど、アメリカの孤立は鮮明になった。

【参考記事】「トランプこそ西側の脅威」--豪記者の辛辣リポートが共感呼ぶ
【参考記事】G20で孤立したのはトランプだけでなくアメリカ全体

ハンブルク首脳宣言には、トランプの意向を無視できず「正当な貿易防衛制度の役割を認識する」と書き込まれ、パリ協定をめぐっては分裂、「戦略核保有国」に突き進む北朝鮮の核・ミサイル開発に対する非難は盛り込まれなかった。アメリカと、EU、中国・ロシアの思惑は完全に対立し、G20は機能不全を露呈した。

ホスト国としてメルケルは落第点だが、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツは「トランプ政権の保護主義は大きな問題」「アフリカ支援におけるメルケルのリーダーシップは尊敬に値する」とトランプをこき下ろし、メルケルを持ち上げた。グローバル企業にとって今やメルケルは自由貿易と温暖化対策の砦だ。

ドイツ国内では難民の流入にブレーキがかかり、アメリカにおもねらずEUを軸に独自路線を打ち出したことから、メルケルの支持基盤であるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率は急回復、最大野党・社会民主党(SPD)を再び大きく引き離している。「政界一寸先は闇」とは言うものの、9月の総選挙でメルケルが4選を果たすのは確実な情勢だ。

【マクロン】5月の大統領選に続いて、6月の国民議会(下院)選でも完勝。マクロンを支持する新党「共和国前進」と中道「民主運動」が定数577のうち6割の350議席を占めた。しかし不動産や架空雇用をめぐる疑惑でいきなり法相、国防相など閣僚4人が辞任した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

情報BOX:ロ朝が調印した「包括的戦略パートナーシ

ビジネス

5月コンビニ既存店売上高は前年比1.2%増、6カ月

ビジネス

デンソー、トヨタ紡織や豊田通商など8社の保有株全て

ビジネス

午後3時のドルは158円前半、2カ月ぶり高値圏で底
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 7

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 8

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story