コラム

そろそろ価値観の転換が必要。インフレ経済はすでに始まっている

2018年05月29日(火)12時00分
そろそろ価値観の転換が必要。インフレ経済はすでに始まっている

公共料金のや配送料金の値上げは、今の日本経済を象徴する出来事 mantinov-iStock

<日本で「2つのインフレ」が同時に起こる可能性もある。そうなった場合、日銀のコントロールは極めて難しい状態に...>

今年に入って、多くの製品やサービスで値上げが行われている。これまでの日本経済はデフレ一色というイメージだったが状況は大きく変わった。原材料費の高騰に加え、深刻な人手不足から労働コストが上昇しており、いつインフレ経済に転じてもおかしくない。

もっとも、デフレ脱却=好景気という話ではなく、むしろ景気が伸び悩む中での物価上昇となる可能性もある。いずれにせよ、従来の価値観は徐々に転換していく必要がありそうだ。

インフレには2つの種類がある

東京電力や東京ガスなどエネルギー各社は、3月から3カ月連続で値上げを実施した。原油価格と液化天然ガス(LNG)価格が大きく上昇したことが主な要因である。

基本インフラという点では運送会社の値上げも経済への影響が大きい。

昨年のヤマト運輸の値上げに続き、今年は日本郵政が「ゆうパック」の値上げに踏み切っている。ネット通販各社との個別契約内容は不明だが、通販会社が利用者から徴収する配送料金が軒並み値上げになっていることを考えると、大口価格も上昇した可能性が高い。かつてのように安価に配送できる時代は終わったと考えるべきだろう。

電気、ガス料金の値上げと配送料金の値上げは、今の日本経済を象徴する出来事といってよい。その理由は、典型的なコストプッシュ・インフレの要素が揃っているからだ。

説明するまでもなく、インフレというのは物価が上昇することだが、インフレには大きく分けて2つの種類がある。ひとつはディマンドプル・インフレ、もうひとつはコストプッシュ・インフレである。

ディマンドプル・インフレは、財政政策や金融政策などによって総需要が拡大し、それに伴って物価が上昇するタイプのインフレを指している。

需要が拡大し、モノやサービスが足りなくなるので、企業は値上げを実施し、その結果として経済全体の物価が上がっていく。需要サイドを主な要因としているのでディマンド(需要)プル・インフレと呼んでいる。このタイプのインフレは、景気が過熱している時に起こりやすいという特徴がある。

プロフィール

加谷珪一

評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    日本生まれのインスタントラーメン、韓国で育ち過激な味に 里帰りでブーム呼ぶか?

  • 3

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッジ大の女性博士が裸の訴え

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    ジム・ロジャーズ「日本で今後伸びる産業はこの3つ」

  • 8

    アクセス稼ぎのために酒と食用油をがぶ飲みし続けた…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジム・ロジャーズ「日本で今後伸びる産業はこの3つ」

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 10

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!