注目のキーワード

コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

ロシアは島を引き渡さない 北方領土は現状維持で決着する

<島を手放すほど困窮していないプーチン政権と、参院選狙いの安倍政権の妥協点を元ロシア公使が大胆予想> 11月14日、シンガポールでの日ロ首脳

2018.12.08
外交官の万華鏡 河東哲夫

ポピュリズム時代のアメリカと日本はどう付き合うか

<中間選挙直前のボストンで襲われた「途上国」の錯覚......元外交官が説く脱エリートの実感的日米外交論> 米中間選挙直前の10月末、ボスト

2018.11.24
外交官の万華鏡 河東哲夫

日中友好「途上国への経済協力」は、現場を知らない空騒ぎ

<安倍首相訪中を前に両国で進むインフラ投資計画――日中友好の美名に隠された危ういリスクとは> 日中関係が改善の兆しを見せている。その先駆けと

2018.10.06
外交官の万華鏡 河東哲夫

トランプバブル崩壊は近い 「貪欲」が資本主義の終焉を招く?

<リーマン・ショックから10年。次なるバブル崩壊のお膳立ては整っており、中国に頼れない今回は、世界経済が総崩れになりかねない。次の危機後に現

2018.09.19
外交官の万華鏡 河東哲夫

日本とドイツが民主主義の防波堤に? 欧州右傾化にバノンが参戦

<トランプ米大統領の元参謀バノンがロシアと共に極右を支援――「民主・自由国家」対「米欧ロ右翼同盟」の行方は> 対米貿易黒字などをめぐって、ト

2018.09.08
外交官の万華鏡 河東哲夫

戦後アメリカが日本に強いた精神的自殺──日米同盟破棄で魂は復活するのか

<日米安保の第一人者も危惧する不信の高まり――対米依存脱却後のヒントは戦前にあり> 8月10日付の日本経済新聞に、日米同盟を支えてきた米側の

2018.08.25
外交官の万華鏡 河東哲夫

安倍3選後の日本の針路、長期政権は必ず腐敗する

<民主党政権への幻滅から生まれた異例の長期政権――官邸に群がる側近や官僚、トランプ米政権をどうさばくのか> 9月に自民党総裁選があり、安倍晋

2018.08.04
外交官の万華鏡 河東哲夫

トランプ栄えて国家は滅ぶ──2025年の世界を予測する

<米国民の支持でトランプ政権2期8年も現実的に......国際社会は米ロ連携と米中対立を経て世界統一へ?> トランプ米大統領はイラン核合意か

2018.07.21
外交官の万華鏡 河東哲夫

経済制裁で強硬プーチンを改心させられるのか?

<ウクライナ侵攻に対して西側から科せられた4年にわたる制裁を、ロシアは何とかくぐり抜けてきたが......> ロシアはソ連時代、1979年の

2018.07.11
外交官の万華鏡 河東哲夫

中国マネーを前に色あせる日本外交、プーチンも金正恩もなびかず

<中国からシベリアや北朝鮮に流入する膨大な投融資――大競争時代には旧来のODAから攻めの投資への転換が必要だ> 9月11~13日、ロシアのウ

2018.07.07

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、スーツケース入りの大金授受が発覚

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 8

    監視カメラ越しに休暇中の飼い主「なんてこった!」…

  • 9

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 6

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 7

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 8

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中