コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

「やっかいな隣人」韓国のトリセツ

<南北接近で日米韓の連携が崩れる時代――パワーポリティクスの東アジアを生き延びる術> 日韓の関係は、浮き沈みを繰り返すもの。98年からの韓国

2019.02.14 
外交官の万華鏡 河東哲夫

トランプ「対中カード」外交で捨て駒にされる台湾

<再統一を迫る中国と武器供与で対抗するアメリカ――住民が米中対立の犠牲にならないために日本ができること> 台湾というと、日本もアメリカも「対

2019.02.05
外交官の万華鏡 河東哲夫

米中去って日本の出番、今年の好機は東南アジアにあり

<内向きの米政治と下向きの中国経済が東南アジアを直撃......日本はオーストラリアや韓国と共に空白を埋める好機> 東南アジアは30年くらい

2019.01.19
外交官の万華鏡 河東哲夫

安倍晋三の名を歴史に残すために必要なのは「遺産」ではない

<改元、選挙、増税という3つの節目を迎える2019年の日本。鈍感力で難局を乗り切る安倍政権は、憲法改正や平和条約締結といった「レガシー」形成

2019.01.04
外交官の万華鏡 河東哲夫

AIとロボットが招く2030年のディストピア

<働かずして豊かとなり人間の経済活動が終末を迎えたとき、AIは生きる意味を見失った若者の管理に使われる?> 年の瀬。世界を見ていると、米中の

2018.12.22
外交官の万華鏡 河東哲夫

ロシアは島を引き渡さない 北方領土は現状維持で決着する

<島を手放すほど困窮していないプーチン政権と、参院選狙いの安倍政権の妥協点を元ロシア公使が大胆予想> 11月14日、シンガポールでの日ロ首脳

2018.12.08
外交官の万華鏡 河東哲夫

ポピュリズム時代のアメリカと日本はどう付き合うか

<中間選挙直前のボストンで襲われた「途上国」の錯覚......元外交官が説く脱エリートの実感的日米外交論> 米中間選挙直前の10月末、ボスト

2018.11.24
外交官の万華鏡 河東哲夫

日中友好「途上国への経済協力」は、現場を知らない空騒ぎ

<安倍首相訪中を前に両国で進むインフラ投資計画――日中友好の美名に隠された危ういリスクとは> 日中関係が改善の兆しを見せている。その先駆けと

2018.10.06
外交官の万華鏡 河東哲夫

トランプバブル崩壊は近い 「貪欲」が資本主義の終焉を招く?

<リーマン・ショックから10年。次なるバブル崩壊のお膳立ては整っており、中国に頼れない今回は、世界経済が総崩れになりかねない。次の危機後に現

2018.09.19
外交官の万華鏡 河東哲夫

日本とドイツが民主主義の防波堤に? 欧州右傾化にバノンが参戦

<トランプ米大統領の元参謀バノンがロシアと共に極右を支援――「民主・自由国家」対「米欧ロ右翼同盟」の行方は> 対米貿易黒字などをめぐって、ト

2018.09.08

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!