コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

菅首相選出に国民はしらけムード、日本の統治体制は死に体だ

<自民党も民主党も駄目となっていたから、安倍政権は「官邸」主導の政治を繰り広げた。今回の「後継選出」がしらじらしい背景には、いくつかの問題が

2020.09.15
外交官の万華鏡 河東哲夫

ベラルーシがウクライナの二の舞いにならない理由

<2014年にクリミア半島がロシアに「併合」された事案とは根本的に異なっている> ベラルーシで8月9日に大統領選挙が行われたが、6選を狙った

2020.09.04
外交官の万華鏡 河東哲夫

「米中冷戦」時代はこうして生き延びよ

<米ソ冷戦とは全く異なるリアルな危険を示す対立構造、その本質を理解するための処方箋> 世の中は「米中冷戦」で持ち切りである。米ソ冷戦時のよう

2020.08.18
外交官の万華鏡 河東哲夫

ロシアで叫ばれる「アメリカ崩壊論」の現実味

<資本主義が終わり工業を失いドルは紙切れになると揶揄するが......> 新型コロナウイルスの拡大に反人種差別デモ――。アメリカで何が起きて

2020.07.28
外交官の万華鏡 河東哲夫

インドが「国境衝突で反中になる」という誤解

<領有権を争う地域で犠牲者が出ても対中関係が決定的に悪化しない理由とは> 6月15 日、印中国境の係争地域で両軍が衝突し、インド側に20人以

2020.07.15
外交官の万華鏡 河東哲夫

もうアメリカにひれ伏さない――ドイツが「新生欧州」の盟主になる時

<レームダック状態から復活したメルケルがコペルニクス的転換で米中新時代に立ち向かう> 2015年のシリア難民の大量受け入れで指導力を失ってい

2020.06.30
外交官の万華鏡 河東哲夫

日本人には分からない人種差別問題のマグニチュード

<アメリカ人にとっては単なる道徳問題ではない、生存を懸けたゼロサムゲーム> 5月25 日に米ミネソタ州で黒人市民が8分以上も警官に首を膝で押

2020.06.16
外交官の万華鏡 河東哲夫

コロナを契機に日本を大掃除せよ

<安倍政権発足から7年半、「緩んだ」日本政治を立て直すために必要な制度改革とは> 安倍政権の支持率は5月下旬に30%を割ったが、補正予算の大

2020.06.02
外交官の万華鏡 河東哲夫

コロナ禍で失墜のプーチンに「抵抗力」あり

<世界屈指の感染大国になり支持率は過去最低レベルにまで落ち込んだが......> ロシアとプーチン大統領について、西側ではその「強くて機敏な

2020.05.27
外交官の万華鏡 河東哲夫

「ブラック企業・日本」がコロナ禍で犯し続ける不作為

<新型肺炎が日本特有の硬直したガバナンスや役人の無責任な隠蔽体質を改めてあぶり出している> 新型コロナウイルス禍は、世界各国のガバナンスに潜

2020.05.07

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 6

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!