コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

中国マネーを前に色あせる日本外交、プーチンも金正恩もなびかず

<中国からシベリアや北朝鮮に流入する膨大な投融資――大競争時代には旧来のODAから攻めの投資への転換が必要だ> 9月11~13日、ロシアのウ

2018.07.07
外交官の万華鏡 河東哲夫

安倍外交を空転させる、官僚仕込みの能天気「シナリオ」

<安倍首相がロシア訪問を重ねてもプーチンを動かせない背景は霞が関にあり――調整あって外交なき「発言要領」などトランプも食わない> 5月24~

2018.06.09
外交官の万華鏡 河東哲夫

朝鮮半島外交で「蚊帳の外」でも、日本とロシアに秘策あり

<核ミサイル付き経済大国の誕生と米軍撤退――米朝の「ディール」に備えるために必要な抑止力とは> トランプ米大統領は本当に世界をひっくり返す人

2018.05.29
外交官の万華鏡 河東哲夫

官僚も官邸も「ウミ」まみれ、誰が日本を仕切るのか?

<財務省を襲ったセクハラ疑惑とこれを利用する政治家の泥仕合――朝鮮半島情勢が動く今、リーダーなき日本は主なき浮遊を始めた> 一昔前の日本では

2018.05.12
外交官の万華鏡 河東哲夫

米中貿易戦争は出来レース? トランプと習は手打ちする

<有権者のご機嫌を取りたいアメリカと成長失速を懸念する中国――北朝鮮や台湾、シリア問題に紛れて棚上げの運命か> 米中貿易戦争もたけなわ。両国

2018.04.21
外交官の万華鏡 河東哲夫

「草食性」新入社員に贈る、脱会社型の働き方革命

<「一流企業の終身雇用」から個人の資質重視へ――アベノミクスが失速した後の日本経済の処方箋> このところ、東京の街の交通量やスーパーの客数を

2018.04.09
外交官の万華鏡 河東哲夫

熱狂なきロシア大統領選とプーチン時代の終焉

<経済の空洞化と核ミサイルの脅しは北朝鮮そっくり――トランプも安倍もかつての大国ロシアを過大評価していないか> 3月18日のロシア大統領選な

2018.03.27
外交官の万華鏡 河東哲夫

森友スキャンダルを元官僚が「霞が関」視点で読み解く

<おごれる官僚はなぜ政治家への忖度につまづいたのか......元外務官僚の筆者が語るスキャンダルの深層> 今回の森友学園事件では、「誇り高き

2018.03.22
外交官の万華鏡 河東哲夫

おごるアメリカ久しからず、頼りになるのは軍事だけ

<日本を守るどころか安全や生活を脅かす在日米軍。「自分だけが正しい」大国アメリカの沈没をどう受け止めるか> 20年前、ハーバード大学ケネディ

2018.03.10
外交官の万華鏡 河東哲夫

トランポノミクスの過熱で再来する、アメリカ「双子の赤字」危機

<国内支持者向けの大型減税を補う国債増発――プラザ合意前後同様のドル危機が世界を揺るがす> 85年9月22日、ジェームズ・ベーカー米財務長官

2018.02.24

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

※次号は10/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

  • 2

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 3

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 4

    「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

  • 5

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 6

    ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

  • 7

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 8

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 9

    「見せしめ判決」でカタルーニャの怒り再燃、バルセ…

  • 10

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!