コラム

シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして

2018年09月18日(火)16時30分

私は、2015年1月にジャーナリストの後藤健二さんが「イスラム国」(IS)に拘束され殺害された事件をきっかけにジャーナリスト有志がつくった「危険地報道を考えるジャーナリストの会」に参加している。紛争地など危険地でのジャーナリストの安全確保について情報を集めることも目的の1つであり、パンプリエガの証言には安全を巡る重要な問題が含まれていた。

パンプリエガが拘束された時の経緯をかなり詳細に語っている。それによると、パンプリエガはウサーマを使うのは2回目だったという。パンプリエガは一度使ったことのあるウサーマとフェイスブックで連絡をとり、2人のフリーランス仲間を誘ってシリア入りすることになった。

パンプリエガによると、アレッポに入った時、ウサーマは車の中で「みんなの写真を撮ってもいいか」と聞いたという。パンプリエガは「シリアを出るまでは写真をフェイスブックにあげない」という条件で写真を撮らせた。条件をつけたのは「武装グループに知られたら拘束されかねない」という危険を回避するためである。

ウサーマは携帯電話で運転手の隣の助手席に座った自分を入れて、後部座席に座った3人のスペイン人ジャーナリストの写真を撮った。ところが、ウサーマはすぐに写真を自分のフェイスブックにあげた。パンプリエガは「ウサーマは外国人ジャーナリストと一緒にいるのを自慢したかったのだろう」と考え、フェイスブックから削除するように求め、ウサーマが削除を約束したので、それ以上、深くは考えないようにしたという。しかし、ウサーマは画像を削除しなかった。

スペイン人ジャーナリストが拘束されたのはその翌日だった。ユネスコの世界遺産にも指定されているアレッポの旧市街を回っている時だった。パンプリエガは「ドライバーは予定していない道に入って、窓から顔を出した。その時、別の車が前方に割り込んできた。ウサーマも、彼らについている他のシリア人も抵抗しようとはしなかった。すぐに武装した男たちに囲まれた」と、その時の様子を語っている。

その時、パンプリエガはウサーマがあげたフェイスブックの写真が脳裏をよぎった。「あれはウサーマが私たちを(過激派に)売り飛ばすために私たちの顔を掲げたものだったのか」と考えたという。

スペイン人3人が行方不明になり、ヌスラ戦線に拘束されたというニュースが流れた時、ニュースには車の中にいる3人のジャーナリストの写真が使われていた。当時、なぜ、このように拉致される直前の写真があるのだろうと思ったが、その写真はウサーマのフェイスブックにあがっていた写真なのである。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

FRBのリバースレポ取引額、7558億ドルと最高 

ワールド

原油先物は約2%安、FRBタカ派化受けたドル高が重

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中