コラム

シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして

2018年09月18日(火)16時30分

私は、2015年1月にジャーナリストの後藤健二さんが「イスラム国」(IS)に拘束され殺害された事件をきっかけにジャーナリスト有志がつくった「危険地報道を考えるジャーナリストの会」に参加している。紛争地など危険地でのジャーナリストの安全確保について情報を集めることも目的の1つであり、パンプリエガの証言には安全を巡る重要な問題が含まれていた。

パンプリエガが拘束された時の経緯をかなり詳細に語っている。それによると、パンプリエガはウサーマを使うのは2回目だったという。パンプリエガは一度使ったことのあるウサーマとフェイスブックで連絡をとり、2人のフリーランス仲間を誘ってシリア入りすることになった。

パンプリエガによると、アレッポに入った時、ウサーマは車の中で「みんなの写真を撮ってもいいか」と聞いたという。パンプリエガは「シリアを出るまでは写真をフェイスブックにあげない」という条件で写真を撮らせた。条件をつけたのは「武装グループに知られたら拘束されかねない」という危険を回避するためである。

ウサーマは携帯電話で運転手の隣の助手席に座った自分を入れて、後部座席に座った3人のスペイン人ジャーナリストの写真を撮った。ところが、ウサーマはすぐに写真を自分のフェイスブックにあげた。パンプリエガは「ウサーマは外国人ジャーナリストと一緒にいるのを自慢したかったのだろう」と考え、フェイスブックから削除するように求め、ウサーマが削除を約束したので、それ以上、深くは考えないようにしたという。しかし、ウサーマは画像を削除しなかった。

スペイン人ジャーナリストが拘束されたのはその翌日だった。ユネスコの世界遺産にも指定されているアレッポの旧市街を回っている時だった。パンプリエガは「ドライバーは予定していない道に入って、窓から顔を出した。その時、別の車が前方に割り込んできた。ウサーマも、彼らについている他のシリア人も抵抗しようとはしなかった。すぐに武装した男たちに囲まれた」と、その時の様子を語っている。

その時、パンプリエガはウサーマがあげたフェイスブックの写真が脳裏をよぎった。「あれはウサーマが私たちを(過激派に)売り飛ばすために私たちの顔を掲げたものだったのか」と考えたという。

スペイン人3人が行方不明になり、ヌスラ戦線に拘束されたというニュースが流れた時、ニュースには車の中にいる3人のジャーナリストの写真が使われていた。当時、なぜ、このように拉致される直前の写真があるのだろうと思ったが、その写真はウサーマのフェイスブックにあがっていた写真なのである。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!