コラム

北斎のような「波」が、政治的暴力を世界に告発する

2017年10月10日(火)19時23分
北斎のような「波」が、政治的暴力を世界に告発する

造形芸術家アブドルラフマン・カタナーニの作品で、有刺鉄線でつくった波(本人提供)

<レバノンのパレスチナ難民キャンプに暮らす若き芸術家が、国内外で注目されている。キャンプで安価な建築資材として使われるスレート板や、難民や部外者を締め出すのに使われる有刺鉄線でつくられた作品は、なぜ共感を呼ぶのか>

今年8月にレバノン・ベイルート南郊のパレスチナ難民キャンプで取材をしている時に、隣接するサブラ地区に住む若いパレスチナ難民の造形芸術家アブドルラフマン・カタナーニ(34)と会った。パレスチナ問題や難民問題をモチーフとして、メッセージ性の強い創作活動を続け、ベイルートだけでなく湾岸諸国の展示会に出品し、この3年ほどはフランスやドイツの展示会でも注目されている。

パレスチナ人の案内人は、「カタナーニはガザ病院に住んでいる」と言った。シャティーラ難民キャンプを出ると、真っ赤なトマトやソフトボール大のナスが山と積まれた売り台が並ぶサブラの野菜市場がある。市場を通り抜けると道路に面して住宅が立ち並び、あまり目立たないビルの入り口がある。

そのビルの電気もない暗い通路を通り、奥の階段を上がっていく。2階、3階とのぼると、それぞれ長い通路の左右にドアがあり、通路では洗濯物を干していたり、女性が座ってジャガイモの皮をむいていたりと、生活感にあふれている。

訪ねたのは昼前の時間だった。ドアをノックして5分ほど待って、出てきた若者がカタナーニだった。寝起きの顔で「昨夜は夜遅かったので」と待たせたことを言い訳した。伸びた縮れ髪が直立し、180センチ以上ある細身の長身をさらに引き立たせていた。中に入ると、30平方メートルほどの比較的大きな部屋。「このビルは昔、病院で、ここは病室だった」と、カタナーニは私の質問を先取りするように説明した。

kawakami171011-2.jpg

アブドルラフマン・カタナーニ(川上泰徳撮影)

1982年9月にあった「サブラ・シャティーラの虐殺」(関連記事:1982年「サブラ・シャティーラの虐殺」、今も国際社会の無策を問い続ける)の際、イスラエル軍に包囲された中で異変を感じたパレスチナ人が難民キャンプから出て、避難した場所が「ガザ病院」だった。当時、パレスチナ解放機構(PLO)系のパレスチナ赤新月社の総合病院。その後、85年にシャティーラ難民キャンプがシーア派民兵組織による包囲攻撃を受けた時に、焼き討ちされて炎上した。病院機能は失われたが、廃墟となった病院にパレスチナ難民が住みつき、いまは住宅ビルとなっている。

カタナーニの家族はシャティーラ難民キャンプに住み、彼自身は83年にガザ病院で生まれた。その後、キャンプが破壊され、ガザ病院が焼き討ちされた後、カタナーニの家族は病院跡ビルに住み始めたという。カタナーニはここからシャティーラ難民キャンプ内にある国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の学校に通い、さらにベイルート市内の大学に通った。4年前に病院跡ビルの部屋をアトリエとして購入し、芸術活動の場所としている。

6年間で風刺画を1000枚描いたが、「やめろ」と脅された

カタナーニはコンピューターを開いて、2008年から4年間取り組んだ「子供シリーズ」の写真を見せてくれた。モチーフは遊ぶ子供たちだ。縄跳びをする少女、風船を持つ少女、凧揚げをする少年、棒の先にリボンをつけて回す少女など。遠目には、楽しく遊ぶ子供たちであるが、よく見ると、子供たちの身体や凧、風船はスレート板で作られ、縄跳びの縄や凧をつなぐひも、リボンなどは有刺鉄線で作られている。

kawakami171011-3.jpg

カタナーニの作品で、縄跳びをする子供。縄は有刺鉄線(本人提供)

kawakami171011-4.jpg

カタナーニの作品で、有刺鉄線とスレート板でつくった子供(本人提供)

スレート板は難民キャンプでは最も安価な建築資材として多用される材料であり、有刺鉄線は難民や避難民や部外者が立ち入らないように設置されるものだ。「難民キャンプでの人々の生活を描きながらも、パレスチナ人がパレスチナ人として生きることが阻まれているというメッセージを込めている」とカタナーニは語る。このシリーズはベイルートのギャラリーで販売され、すべて売り切れたという。

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
ツイッターは @kawakami_yasu

ニュース速報

ビジネス

貿易摩擦、激化すれば金融市場に悪影響へ=モスコビシ

ビジネス

正午のドルは112円後半、113円台に乗せるエネル

ビジネス

国内ライドシェア禁止に「信じられない=ソフトバンク

ワールド

EU当局者、来週の訪米で自動車関税巡り合意模索=ト

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 7

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 8

    「おカネの若者離れ」で、どんどん狭くなる趣味の世界

  • 9

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 4

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 5

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 6

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 7

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 8

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!