コラム

誰かが本当の勇敢さを見せるとき

2020年03月31日(火)19時00分
誰かが本当の勇敢さを見せるとき

自身が犯罪の目撃者になったことと殺人事件を追うBBCの番組を見たことで、人の勇敢さについて考えさせられた Easyturn/iStock.

<犯罪の目撃者になって分かった――人は自分が思っているより臆病かもしれないし、他人が考えているより勇敢かもしれない>

数週間前、僕はある事件の目撃者になった。肌寒い午後、ロンドンのリージェンツ運河沿いを歩いていたとき、若い男性が理由もなく、酔っぱらいのチンピラたちに川へと突き落とされたのだ。必然的に僕は、この男性に付き添って警察官の到着を待ち、彼の身に異変がないか気を配り、警察が来てからは犯人たちの風貌を説明して、見つけられそうな場所を伝えた。彼らがきっと飲み直しているだろうと検討のつくパブが、運河沿いに2、3分歩いたところにあった。

でもその後、また散歩を始めるうちに心配になってきた。あのグループに万が一また出くわしたら大変だから、散歩をやめようかと思った。次に会ったら彼らは僕を川に突き落とすか、叩きのめすだろう。かなりのならず者たちだった......たぶん、次のバスに飛び乗って、どこでもいいから2つか3つ先のバス停まで行っておくべきかもしれない......。他の人たちは立ち去ったのに、なんで僕は警察に供述なんてしたんだろう? 裁判になって、証人として呼ばれたらどうする? 僕の顔も名前も彼らに分かってしまうだろう......。

起こるはずのないシナリオが、次々と頭に浮かんだ。あのアクセントと服装から見て彼らはおそらく、争いごとが大好きと評判の「(少数民族の)アイルランド系トラベラーズ」の若者グループではないかと僕は考えた。彼らがそうだとして......いかにもアイルランド系の姓を持つ僕が「密告した」と知って、もしも彼らが激怒したらどうなるだろう......。

僕は怖くなり、怖くなった自分が恥ずかしくなった。自分は臆病者だと認めざるをえなかった。僕は勇敢な人たちを尊敬しているが、その仲間には入れそうにない。

僕が強く思うのは、人が勇気を見せるのは、いつどんなときか分からない、ということ。権力を持ち庇護されている人々が、実は情けないほど臆病だと判明するかもしれない。見るからに「普通」の人が、とびきり勇敢かもしれない。そんなことを考えたのは、最近BBCで、殺人事件の捜査をする警察を追いかけた素晴らしいドキュメンタリーを見たからだ。

アルコール依存症のホームレスの彼がしたこと

このドキュメンタリーの表向きのテーマは、事件解決のためにさまざまなタイプの捜査官がいかに協力しているか、というものだった。ドラマのような「直感を頼りに動く一匹狼の刑事」とはほど遠く、むしろ専門家たちが結集して、時間と戦いながら捜査を進める。法医学者の分析もあれば、戸別の聞き込みもあり、武装警官による手入れや、携帯通話の追跡、容疑者の尋問や、染みにすらならない小さな血痕を嗅ぎ当てる警察犬とその相棒の指導手もいる。おもしろいドキュメンタリーだったが、そこからは別の論点も感じ取れた。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

サウジ、24時間外出禁止令を6月21日に完全解除 

ビジネス

情報BOX:トヨタの工場稼働状況、チェコやインドの

ワールド

医療機関へのサイバー攻撃、人命を危険にさらす 赤十

ビジネス

中国、政策調整を強化 融資金利押し下げへ=人民銀行

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!