コラム

ナチスと戦った若きドイツ人女性を知っている?

2019年01月15日(火)17時40分

ゾフィーは仲間たちとともにナチス抵抗運動を展開した DW News/YOUTUBE

<ナチスに立ち向かった「白バラ抵抗運動」のゾフィー・ショルは外国では無名だがドイツでは誰もが今なお崇拝するヒロイン>

数年前、僕はある新聞記事を読んで興味を引かれた。それは、さまざまな国でヒーローとみなされているのにその国の外ではほとんど知られていない人々について書かれたものだった。その中で(イギリスでは)「ほぼ無名」だがドイツでは崇拝され、特に若い女性たちに尊敬されているゾフィー・ショルについて触れられていたことをよく覚えている。

僕はゾフィーや、彼女の所属していた白バラ抵抗運動のことを知っていたから、かなり得意な気持ちになった。僕が大学で歴史を学んでいたとき、(何かのついでに)彼女のことを読んだのだ。思い返せば、その週の課題は「ナチスに対する積極的抵抗運動はなぜあんなにも少なかったのか」だった。僕の歴史のチューター(学生の個人指導にあたる教授)が、「消極的抵抗を呼び掛けるわずかなビラでナチスと戦えるなどと考えるのは大きな間違いだった」というような言葉で、白バラ抵抗運動を切り捨てていたのを、僕は鮮明に覚えている。

今このことを思い出している理由は、映画『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』(2005年)をちょうど見たところだから。これは恐らく、僕がこれまでに見た中で最も感動的で最も困惑する映画だ。ゾフィーはミュンヘンの若いドイツ人学生で、兄のハンスや仲間たちと共に、ドイツを抑圧して無謀な侵略戦争へと駆り立てていた狂気のヒトラー政権に対する抵抗運動を展開した。

この映画は、反ナチスのビラを配ったとして逮捕されたゾフィーが処刑されるまでの最期の5日間を描いたもの。尋問で彼女は当初は否認、それから曖昧な態度、最後には公然の抵抗へと突き進んだ。これは、次第に心を引き裂くように展開する悲劇だ。若いドイツ人なら誰でも、彼女が1943年にほんの21歳で(ギロチンによる)死刑を執行されたことを答えられるだろう。

多くの人々は抵抗する責任を放棄したが

ぜひこの映画を観てもらいたいが、ものすごく過酷な体験になると言っておかなくてはいけない。僕の場合は、最後に実際のゾフィーと仲間たちの写真が映し出されたとき、いきなりパンチを見舞われたような気分になった。その時点までは、「単なる映画」を観ているときのようにある程度は冷静な感情を保てていたはずだった。でも、時に笑顔、時に真剣な表情を見せる彼女の実際の写真を目にし、こんなにも勇気ある前途有望な若者が本当に殺害されたことを思い知ったとき、僕の感情は完全に違ったものになった。

もちろん、僕の歴史のチューターは正しかった。1943年に残忍なヒトラー独裁政権を倒すことができたのは、草の根の抵抗運動のはずがなかった。ヒトラー政権は、彼らの抵抗運動によって一日たりとも崩壊に近付かなかった。とはいえそうした見解は、むしろ核心を見逃していると思う。何百万というドイツ人が死んだ。若い男性は東部戦線で戦死し、女性や子供たちはドレスデンやベルリン、ミュンヘンの地下壕で身を縮めたまま連合国軍の空爆で死んだ。終戦間近には、大義を失い脱走しようとする男たちが日々銃殺されていた。彼らは無意味に死んでいった。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story