コラム

情けない軽犯罪とルール違反が標準化するイギリス

2017年06月07日(水)16時30分

イギリス社会は公共意識が高いはずだが…… Hannah Mckay-REUTERS

<玄関マット泥棒、飼い犬の糞の放置、野外で騒ぐ酔っ払い、公園で堂々とマリファナを吸う若者たち......。どれも深刻な問題ではないが、小さな犯罪やルール違反がイギリス社会の日常になってしまったことは嘆かわしい>

朝食もとらないうちから、火曜日の僕の気分は最悪になった。

その前日、僕は数時間かけて庭の手入れをして、翌日のゴミ回収にそなえて木の枝や雑草を「庭ゴミ」専用袋に入れた。でも火曜日の朝、中身が回収されてから僕が表に出るまでの間に、誰かが袋を盗んだ。

この袋の値段は3.70ポンド(約530円)だ。

だから、なぜそこまで動揺したのかと思われるかもしれない。金額的に損したのはほんのわずか。でも別の見方をすれば、どうやったらこんなにも安いものを盗むほど哀れな人間がいるのか、と疑問に思えるだろう。

実際、これは過去最高にケチな例だったわけではない。以前は、家の前に置いておいたビン・缶リサイクル用の容器を盗まれた。この容器は自治体が無料で配っている。だが自治体に電話をして自分の分を受け取るよりも、道端から盗むほうが簡単だと思った人がいたようだ(だから僕は再び自治体に申し込まなければならなかった。容器はその日のうちに届いた)。

僕は隣人から学ぶべきだった。彼は庭ゴミ専用袋に自宅の住所をスプレーで大きく書いてある。明らかに盗難対策の予防措置だ。僕らの家は町の中心部(イギリス南東部エセックス州コルチェスター)にあって、たくさんの人がこの通りを通る。

【参考記事】「持ち家絶望世代」の希薄すぎる地域とのつながり

数年前、僕は玄関の外に敷く素敵なドアマットを買った。それから1週間もたたないうちに、誰かに盗まれた。たまたまそれは、セールで買ったものだった(2.5ポンド)。案の定、店に行ってみるとまだセールで売っていたので、もう一度新しいマットを買いなおした。

いまだに僕は、とんでもないのはいったいどちらのほうだったのか、分からずにいる。僕が同じ間違いをまた繰り返したことのほうか、それともまさにその翌日におそらく同一人物が新しいマットをもう一度盗んだことのほうか?

よく日本人の友人から、イギリスでの生活はどう? と尋ねられると、僕はこう話す、ドアマットを誰かに盗まれた......2度も(ちょっと頭のなかでその状況を思い浮かべてほしい)。

このブログの読者なら、僕がひどく頭にきているのは、個々の盗みのことではないし、金の問題でも迷惑をこうむったことでもなく、こうした低レベルの犯罪があまりにも日常化しているという事実だということが分かってもらえるだろう。これはイギリス生活のバックグラウンド・ミュージックみたいなものだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

3月改定景気動向指数、一致指数は前月比+2.1ポイ

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ

ビジネス

ECB、6月に利下げ開始の可能性=フィンランド中銀

ワールド

米下院外交委員長、台湾総統と会談 「兵器納入は間近
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story