コラム

ISが石油価格に与える影響─ 輸出ルートを潰した後で

2015年12月17日(木)16時10分
ISが石油価格に与える影響─ 輸出ルートを潰した後で

11月18日、ロシア空軍は、ISの石油施設を空爆した REUTERS/Ministry of Defence of the Russian Federation

 テロ組織の動向と原油相場はつながっている。今回はその関係を紹介してみたい。

 過激派組織IS(自称「イスラム国」)は、なぜ活動を続けられるのか、誰もが不思議に思うだろう。ISは石油を売ることによって潤沢な資金がある。世界のテロ組織の資金を、米財務省が追跡している。今夏に公表された報告では14年のISの石油による収入を5億ドル(約615億円)と推計している。イスラエルは13年末段階で、ISの資産総額を20億ドルと分析し、「世界で最も富めるテロ組織」であると警告していた。この資金力によって兵士を含め、約10万人の組織員を養っているという。

 ISはこれまで誘拐による身代金や、支配地からの強制徴税、イラクの旧フセイン政権の資産などを軍資金にしてきたとされる。13年頃にシリア北部の小規模な油田数カ所を占領し、14年にイラク中部に侵攻して大きな油田を手に入れた。イラクには以前から原油密輸ルートがあった。イラク−トルコ−東欧につながり、中央政府に統制されない、現地の有力者や部族の協力によるものだ。というISはこれを乗っ取り、石油販売を拡大したようだ。

暴かれた石油輸出ルート

 そのISの隠された石油輸出ルートが次第に明るみに出ている。米軍の特殊部隊が今年5月、シリア東部でISの石油事業責任者を殺害した。その際に押収した文書から「トルコ当局者と『イスラム国』上層部の、石油の直接取引の証拠があった」と、米英のメディアが伝えている。

 また11月24日にロシア機がトルコに撃墜された。両国は責任をめぐって、相互に非難しているが、その中でロシアは「トルコがISから石油を買っている」と暴露。トルコ政府は否定した上で、ロシアがシリア政府機関を通じてISから石油製品を購入していることを公表した。非難合戦で示された事実の真偽は不明だ。

 米国を中心にした有志連合は昨年夏からISの空爆を行っていたが、米軍はパイプラインや石油精製施設の徹底的な破壊には慎重だった。これらは現地企業の資産だ。しかもシリアとイラクではIS以外にも、さまざまな武力集団が紛争に参加している。ISへの空爆強化は、シリアのアサド政権を強化しかねないため、米軍は慎重になったのだろう。

 しかし、このままではISを打倒できないという批判が、各国では出ていた。「オバマ政権も世界の中東専門家も、ISを過小評価していた。石油を断たなければならない」米通信社ブルームバーグは先日、米ランド研究所のアナリストのコメントをこう伝えている。(「なぜISは必要な資金を調達できるのか」11 月19日記事 (Why ISIS has all the money it needs

 そして、ロシアは11月から、ISの石油輸出ルートを11月から攻撃。数十台のタンクローリー車の車列が爆撃で一瞬にして消し飛ぶ姿などを公表し、「ISの原油の流通を半減以下にした」と発表している。12月から空爆に参加した英国も、石油施設を攻撃していることを公表。ISは今後石油の輸出が困難になるだろう。

プロフィール

石井孝明

経済・環境ジャーナリスト。
1971年、東京都生まれ。慶応大学経済学部卒。時事通信記者、経済誌フィナンシャルジャパン副編集長を経て、フリーに。エネルギー、温暖化、環境問題の取材・執筆活動を行う。アゴラ研究所運営のエネルギー情報サイト「GEPR」“http://www.gepr.org/ja/”の編集を担当。著書に「京都議定書は実現できるのか」(平凡社)、「気分のエコでは救えない」(日刊工業新聞)など。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、トランスジェンダーの米軍入隊禁止取り消

ビジネス

米国株は日中高値から後退、刺激策巡り懸念 ナスダッ

ワールド

独首相、バイデン米大統領と初の電話会談 連携確認

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、上院最古参のリーヒ議員が裁判長

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 8

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!