コラム

「風邪でも会社行け」と説く本が売れる日本、結局サラリーマンの手本は今も島耕作?

2020年04月02日(木)19時00分
「風邪でも会社行け」と説く本が売れる日本、結局サラリーマンの手本は今も島耕作?

Satoko Kogure-Newsweek Japan

<できる会社員になるための指南書として話題の『これからの会社員の教科書』。サラリーマン界で「プロ」に上り詰めた田端信太郎氏の説く「仕事の基本」には、自身の成功の最大要因が抜け落ちている>

今回のダメ本

book200402_Tabata.jpg
これからの会社員の教科書
 田端信太郎 著
 SBクリエイティブ

できる「サラリーマン」になるにはどうしたらいいか? ツイッターのフォロワー数は実に22万人(2020年2月現在)! リクルート、LINE、ZOZOといった名だたる会社を数年ごとに渡り歩いた、サラリーマン界のプロ中のプロが教える「仕事の基本」が本書の売りである。これが実に味わい深い。

いくつか紹介しよう。風邪をひいたらどうする? 人並みのサラリーマン生活を謳歌したいなら休めばいい。しかし、「プロ」を目指す人向けに著者は「風邪だろうが、雨が降ろうが槍(やり)が降ろうが、来ないといけない場面もあるぞ」とありがたいアドバイスを送る。

社内で何かを実現するにはどうするか? 徹底的な根回しをすることだ。著者は断言する。「サラリーマン生活は、人と人との関係が大切」で、誰に気に入られるか、どのタイミングで誰を押さえるべきかがポイントである、と。派閥争いの潮流を読み、キーパーソンに気に入られつつ、別の派閥とも適度な距離感で付き合えることが、できるサラリーマンの条件だという。

著者は英語で情報を得て、有名な音楽と映画、司馬遼太郎や村上春樹らを押さえ、年上相手でも話を合わせることまでできるのだとか。

さて。読み終えて、改めて思ったが結局、日本のプロサラリーマンとしての理想像を突き詰めていくと、基本は昭和から平成にかけて出世を重ねた「島耕作」的な価値観に接近していく。

平たく言えば、自身の力よりも人間関係を見抜く力、つまり処世術を身に付け、社内政治を成功させ、ライバルよりも早く上に上り詰めること。著者が指南するのも「仕事の基本」という名の処世術にすぎない。こうした技量を努力して身に付け、しかも転職を繰り返すだけの実力を持った著者は紛れもなく「市場の勝者」である。だが、成功をもたらした最も大きな要因がこの本からは見事に抜け落ちている。それは運だ。

アメリカの経済学者、ロバート・フランクの『成功する人は偶然を味方にする』(邦訳・日本経済新聞出版社)という本がある。この本の中で、フランクはビジネス的な成功において、いかに運が大事かというエビデンスを、これでもかと並べる。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)が読売新聞「2017年の3冊」に選出される。2019年より東京大学非常勤講師。本誌の特集「百田尚樹現象」で、2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。新著に『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館、2020年6月)。

ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、2月は50.6に低下 昨年5月来

ワールド

ミャンマー、治安部隊の発砲で死者7人 連日のデモ鎮

ワールド

情報BOX:来週開幕、中国全人代の概要と見通し

ワールド

ミャンマー国連大使、国軍に抵抗続けると表明 解任と

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 4

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 5

    トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状…

  • 6

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 9

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 10

    フランス・リヨン市、環境派市長「給食を肉なしメニ…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    バブルは弾けた

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!